ベースアップは、結果を出してから

転職活動をされている求職者を見ている中で、

ほとんどの求職者が、年収の現状維持か、50万円以上のアップを希望されています。

しかし、統計で見ても、半数以上が現状維持か、給料減からの再スタートをしているのも事実です。

大手上場企業でも、M&Aで別会社の子会社になったり、

赤字転落して賞与ゼロになったりすることが一般的になってきた現在、

給料が上がらなければ転職しないと固執している人は、転職が決まりにくいです。

転職をされるときの、本人の判断軸として、

最低限の給料は決めておくべきですが、

会社の将来性、やりたい仕事、いきたい職場環境、自己実現したいことなど、

もっと本質的なところに焦点を当てて、活動されることをお勧めします。

編集長:辻村

関連記事一覧