ファッション人財に込めた想い

いつも、ファッション人財のコラムに目を通してくださってる読者の皆様、初めての方、ありがとうございます。

人材について、話すとき、普通は「人材」の字を使いますが、私は「人財」の字を使います。

理由は2つあります。

働く人は皆、何らかの才能があるから

弊社で人材紹介の免許を取ってから、最低賃金の方から、年収1000万円を超えるエグゼクティブまで、様々な方と面談しております。

その中で、改めて思うことは、全ての人に、いろんな才能があって、チャンスがあるということです。

転職回数が多かったり、様々な事情で無職の期間が長い方は、内定が出にくいのは事実です。

それでも諦めずに、自分のできること、やりたいことを明確にして、転職活動を行なっている方には、ご縁のある会社から内定が出ることがあるんです。

一人一人の才能(タレント)を信じて、スキルアップして、より大きなチャンスを掴んで欲しいという想いを込めて、「人財」という字を使っています。

社員は、会社にとって大事な存在である

我々、人材紹介エージェントでは、求人を出している多くの経営者・人事担当とお会いすることがあります。

その中で、企業規模の大小に関わらず、社員を大事にしている会社さんと、社員の数であったり、スキル、資格しか見ていなくて、その人その人の性格や夢をあまり気にされていない方がいることもあります。

そういった時にも、我々は一名づつ、ご紹介させていただく人の、スキルやキャリアだけでなく、ご本人の性格であったり、夢、希望年収など、多くのことを伝えさせていただいています。

少しでも多くの企業様が、社員を「人財」だと思って、お客様・社員・株主のために頑張る法人を我々は、これからも応援していきたいと思います。

株式会社BIG BIRD
代表取締役
辻村真一

関連記事一覧