30s-tn

アパレル業界に転職したい未経験30代のための注意点・転職方法

「アパレル業界って30代からでも転職できるの?」
「そもそもアパレル業界って30代未経験でも受け入れてくれるの?」

このように30代という年齢を気にして転職を躊躇してしまう人は少なくありません。

今回はアパレル業界に転職したい30代未経験の人に向けて転職するための情報をまとめました。

不安、悩みの解決になれば幸いです。

アパレル業界は30代の未経験者でも活躍できます

30s-1

アパレル業界にチャレンジするにあたって「30代でも未経験からチャレンジ出来るのか?」と年齢が気になる人は少なくないです。

ただ、応募するブランドに気を付ければ充分活躍できます。

アパレルで働く際には、何歳で未経験からチャレンジするかよりも応募するブランドのターゲットと自分自身の年齢がどれだけマッチしているかが重要です。

例えば、アパレル経験者であっても女子高生をターゲットにしたブランドで30代が働くのは現実的に難しいことは簡単に想像がつきますよね。

逆に、未経験者であっても30代のOLターゲットのブランドにアパレル未経験の30代が勤務することは難しくありません。

販売員とお客様が同世代だと、気持ちや悩みがよくわかるためお客様も相談しやすくなります。

そのため、企業はブランドターゲットに近い販売員を求めるので、お客様と自分自身の年齢が近いブランドでは採用され易くなるのです。

また、高単価ないわゆる「ラグジュアリーブランド」も30歳以上の方が有利になります。

30歳以上が好まれる理由は、ある程度年齢が上の販売員の方が接客に説得力が出るのと、高単価なブランドは客層の年齢が高く落ち着いた接客を求められるためです。

実際、ラグジュアリーブランドでは販売の経験のある20代ではなくアパレル未経験の30歳以上が採用されるというのはよくある話です。

転職する際に、自分はどこに需要があるか客観的に見てみると良いでしょう。

客観的に見れない場合には、百貨店やファッションモールの販売員を観察して自分の年齢に近い販売員の勤めているブランドをチェックするのもお勧めです。

30代の未経験者がアパレル業界に転職する方法

30s-2

30代で初めてアパレルに転職するのは不安もありますよね。

転職の際のポイントをこれから紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

まずはアパレル人材サービスのプロに相談する

アパレルに初めて転職する際、自分にはどのブランドが合っているのか、どんな企業に需要があるのか分からないですよね。

もちろん自分で転職サイトを使い求人情報を探してもいいのですが、アパレル専門の人材エージェントに登録することで専門知識がある担当者が相談に乗ってくれます。

履歴書の書き方や応募する企業の特徴なども聞くことができるので、初めての業界にチャレンジする場合心強いはずです。

自分に合った企業に就職出来るよう、エージェントを上手に利用することをおすすめします。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

面接、書類選考では30代の強みを活かす

30代だからこその強みはズバリ、社会人経験、人生経験の多さです。

どの職種であっても、社会人経験が長いということはそれなりに失敗や成功を仕事で繰り返しているはずです。

失敗を乗り越えてきた経験があるからこそ、30代はピンチの時にも「臨機応変」に対応できる人材になっているはずですし、企業も期待しています。

過去にどんな失敗をして、その時にどんな対応をしたのか、その経験自体が転職する際の強みとなるので面接で必ず伝えましょう。

接客、営業経験は強みになる

接客や営業で培ったコミュニケーション力は、教科書を読んだり参考書を読んで身に就く力ではありません。

実際にお客様との会話や交渉を繰り返すことでコミュニケーション力は高くなります。

アパレルでも本部勤務・販売職問わずコミュニケーション力が求められる場面が多く、コミュニケーション力の高い人材は大変魅力的です。

特に前職が営業職であればコミュニケーション力に加え数字の管理も出来るため、狭き門にはなりますが本部での勤務も目指すことができます。

接客や営業経験がある場合には転職に大変有利になるので、是非その経験をアピールしましょう。

接客、営業経験が無い人はコミュニケーション力をアピール

接客や営業経験が無い方は、採用側からは「人見知りかな?」「人との関わりはどうかな?」と思われかねないので自分にコミュニケーション力があることをしっかり伝えましょう。

例えば、部活やサークルなどで協力して何かを成し遂げた経験でもいいですし、前職で同僚や上司と協力してやり遂げた仕事のことでもいいでしょう。

一人ではなく、人と協力して何かをやり遂げた経験や交渉した経験は、コミュニケーション力のアピールとなります。

接客や営業経験の無い方ほど、自分の経験をしっかりと記載するようしましょう。

30代で未経験者からアパレル業界に転職するときの注意点

30s-3

30代で転職するとなると、ライフイベントのことを考えたり長く働ける企業であるか考える必要が出てきます。

未経験からアパレル業界に転職するときの注意点などを下に紹介してきますので、企業選びに役立ててください。

ブラックブランド(企業)を選ばない、ブラックブランドの特徴

アパレル業界では、企業により勤務状況や給与が全く違うため、就職先をよく選ばなくてはうっかりブラックブランドに就職してしまいます。

ファッションモールで隣り合っているブランドで同じ営業時間であっても企業によって、勤務時間・労働日数・給与・賞与・福利厚生・・・全く違うのです。

では、うっかりブラックブランドに就職しないためにも、ブラックといわれる代表的な条件の特徴を紹介していきます。

店頭で着用義務のある洋服を販売員が頻繁に自腹購入しなければいけない会社

制服として洋服を貸してもらえるのであれば金銭的負担は少なくて済みますが、購入となる場合、お給料から天引きとなるのでお給料の手取りが確実に少なくなります。

実際、手取りを超えて会社に借金をして言われるがまま制服購入しているという販売員もいるのが現実です。

こうなっては明らかなブラックブランドですね、なんのために働いているのか分かりません。

予防策として、面接時に「制服は貸与か?」「制服は何割引きで購入するのか?」「購入頻度は?」「従業員は平均ひと月いくらくらいの金額分の制服を購入しているか?」の質問をして自分の納得できる内容か確認しましょう。

個人販売のノルマが厳しい会社

販売職であれば売り上げ目標はどのブランドにもありますし、売り上げに対するシビアさは必要です。

しかし、度を越えたノルマの企業や販売員が自分で購入して販売目標を達成させようとする企業はブラックです。

予防策として、面接時に「販売員としてどのようなノルマがあるのか?」「達成できなかった場合にはペナルティは?」

などの質問をして企業がどの程度個人にノルマを課せているのかを確認しておきましょう。

労働日数が多い・時間外手当が無い会社

ブラックブランドにありがちなのが、たった2連休も取れない過酷な勤務体制です。

ギリギリすぎる人員で店舗を運営している企業に起こりがちで、病気になっても簡単には休めません。

もちろん長期休暇なんて夢のまた夢のような企業も多々存在するため、転職の際には休暇日数は必ずチェックしてください。

アパレル業界は、店が閉店してから行う業務が多く、特にセール前は残業続きとなります。

店が開いているときには出来ないディスプレイの変更、タグ付け、棚卸に納品や検品と多くの業務があり深夜まで帰れないことは少なくありません。

しかし、残業しているにもかかわらず時間外手当があやふやにされ正しく支払われないブラックブランドも存在します。

予防策として、面接時に「どんな時に残業が発生するのか?」「残業代の有無」の質問をして納得したうえで就職しましょう。

ブランドと自分の相性は大事です。企業調査は必ず行う

どの年代であっても、働くブランドと自分の相性はとても大切です。

相性と言っても様々な相性があり、「自分の好みの服か?」「接客スタイルの相性は?」「福利厚生は?」など多くの要素があります。

働き始めてから、転職を後悔しないためにも、自分の価値観や大切にしたいことが叶う企業であるか、企業調査は必ず行いましょう。

30代はそこそこ知名度の高いブランドを選ぶ

30代になると、結婚・子育てなどライフイベントも意識して転職をすることも大切なポイントとなってきます。

特に、女性にとっては転職先となる企業の産休・育休の取得実績があるか、過去に何人くらい取得したのかは大切なチェック項目です。

転職後にライフイベントが発生し、対応してくれない会社に「転職失敗した…」と後悔しても、30代となると身軽にまた転職することは難しくなります。

そこで、転職の際に「そこそこ知名度のある企業」を選ぶことが大切なのです。

子育てに関する福利厚生が充実している企業は、知名度の高い全国展開しているブランドに多く存在しているので、企業を選ぶ時の一つの目安にするといいでしょう。

単純に、全国展開していて知名度があるということは大手企業である可能性が高く、子育てに関する福利厚生が確立・充実している傾向にあります。

30代で転職するときには、ただ単純に好きなブランドだからという理由だけではなく、長く働いていくことを考えて企業選びすることも大切です。

アパレル業界30代の平均年収【職種ごとに紹介】

30s-4

気になるアパレル業界の30代の年収を職種別にご紹介していきます。

【アパレル職種別 30代平均年収】

  • デザイナー: 405万
  • パタンナー: 374万
  • MD/バイヤー: 525万
  • VMD: 415万
  • プレス: 438万
  • 営業: 426万
  • 店長: 384万
  • 販売員: 351万

業務内容が会社全体の売上を左右するMD/バイヤー職は、責任感の重い職種ですが花形職でもあり他の職種に比べて年収の高い傾向にあります。

販売員は、他職種より平均年収が低いですが専門的スキルが必要ないため未経験でもチャレンジしやすく転職する際の敷居が低いのも特徴です。

【例文】30代アパレル未経験者の自己PR例

接客、営業経験あり

接客や営業経験がある場合には、経験から得たコミュニケーション力は強みなので自己PRには必ず記入しましょう。

【例文】
前職では営業として7年間勤め、20社を担当していました。企業の要望やニーズを聞き出し、希望に添えるよう担当者と密にコミュニケーションを取ることに力を注いできました。企業とのやり取りから潜在ニーズを汲み取り、希望に沿った商品を提案した結果、前年比〇○%達成、目標〇○%達成することができたのは自分が誇れる実績だと思っております。業種は違いますが、7年間の営業経験により培われたコミュニケーション力を活かし、御社に貢献致します。

接客、営業経験なし

接客や営業経験がない場合には、自己PRに前職で他社と協力した業務経験か、自分のアパレルに対する意欲・努力を記入すると良いでしょう。

【例文】
アパレル業界で働くうえで業務に活かせるよう、時間を見つけては色彩能力検定の勉強をし、今年色彩能力検定2級を取得しました。現在更に上を目指し、ファッション販売能力検定の勉強をしています。アパレル未経験のため入社後に教えていただく知識や業務も多いかと思いますが、学ぶ姿勢を持ち即戦力になれる人材になるよう努力します。

まとめ: アパレル未経験の30代は経験を強みにする

30代未経験からアパレル業界に転職する方法を解説しました。

30代なら何かしらの業務経験があり、仕事で何らかの実績があると思います。仕事での経験は資産です。持っている資産は転職活動で大きな武器になるでしょう。

「そんなこと言われたって、今まで大した仕事をしていない」と仰る人もいるでしょう。ただ、それは自己評価です。他人から見たら「お、すごいね」と思われるかもしれません。

自分を客観的に分析して欲しい人は転職エージェントと何度か面談をしてみましょう。自分の価値が客観的に分かりますし、考えがスッキリします。

転職活動を自分だけで行うより成功の確率が高くなりますので、まずは何社かに登録して、転職活動について相談することをオススメします。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

 

関連記事一覧