buyer-tn

未経験からアパレルのバイヤーに転職する方法【キャリアアップ前提】

「ショップ店員をしてるけどキャリアアップでバイヤーになりたい!」
「そもそも未経験だけどバイヤーの仕事に興味がある!」

今回は上のような願望がある人に向けて、未経験からアパレルのバイヤーになりたい人向けの情報をまとめました。

転職やキャリアアップの参考になれば幸いです。

未経験でアパレルのバイヤーに就くのは難しいのか

buyer1

一般的にバイヤーになる為にはアパレル企業へ入社し、社内で販売やマーチャンダイザーとして経験を積んだ後キャリアアップします。

アパレル未経験からだとバイヤーへ転職するのは険しい道のりとなります。

バイヤーはアパレル業界で人気のある職種・競争率高め

バイヤーといえば国内外を飛び回り流行最先端の服・小物の買い付けを行う、かっこいい職種ですね。

おしゃれに敏感であることが必須な職種と有って、ほとんどのバイヤーは自身も常に流行を先取りしたおしゃれをしています。

見た目も業務内容もかっこいいバイヤーはアパレル業界の中でも憧れのポジションです。キャリアアップを目指す方の多い人気職種なのです。

人気の職種のため競争率は高めです。バイヤーになりたい人は「職につく方法」「転職のための戦略」を知識としてインプットしておくと有利です。

ショップ定員からキャリアアップする人が多い

自社製品のみが店頭に並ぶブランドショップとは違い、セレクトショップや百貨店の商品は、バイヤーがメーカーから買い付けてきたものです。

バイヤーは、買い付けの際にお店で商品の構成やディスプレイしたときのことをイメージ出来るスキルが必要です。

販売現場を熟知しているショップ店員からキャリアアップする方が多く、求人においても「販売経験必須」という場合が多いのも納得です。

更に、販売員から店長やマネージャー職へキャリアアップし、店舗運営の実績を上げることでバイヤーへの道が開かれる可能性は、ぐんと高くなります。

実績が有ると有利な理由は、バイヤーの仕事は買い付けの内容次第でお店の売り上げが左右し、利益に直結する責任の重い仕事だからです。

会社としても、一度に大きな金額が動く買い付け業務は簡単に任せられることではありません。

「現場を熟知し、売り上げに繋げる事ができる」という実績が有る方が信頼に繋がるため、バイヤーへキャリアアップする際有利となるのです。

そして、社内で実績を上げる以外にもバイヤー職に就くにあたり有利になるスキルがあるので、紹介していきます。

是非身に付けて、バイヤーになる夢を実現させましょう。

アパレルのバイヤーに転職するコツ

buyer5

バイヤーは、アパレル経験の有る転職希望者も多い憧れの職種です。

転職するコツは、ライバルと差を付ける「即戦力としてアピールできるスキル」「重宝される能力」を身につけることです。

これより下でバイヤーになるポイントをご紹介していきます。

他の業種から経験を積んでバイヤーに配属される

バイヤーはセンスの良さ、流行へ対する敏感さなど感性が問われるだけでなく、販売戦略を考え「売れる商品」を買い付けなくてはなりません。

アパレル未経験からの求人がほぼないので、ほとんどの場合まずはアパレル企業へ入社後、同じ社内でショップ店員として経験を積む事となります。

また、販売員としてだけでなく販売現場のキャリアアップとして王道の店長職を経験しておくと、バイヤーへの配属に有利になります。

販売員では経験できない店舗運営や売上管理を経験しておくことが、後々バイヤーとして買い付ける際に役立ちます。

バイヤーを目指す前に、店長職を目指すのも現実的なキャリアアップの一つといえます。

 

【関連記事】

まずはバイヤーのアシスタントになる

バイヤー職は、経験の有無が重要視される職です。

ショップスタッフからキャリアアップした場合も、バイヤー未経験の場合はアシスタントバイヤーとなり経験を積む事となります。

アシスタントの仕事内容は、ただ単にバイヤーの補助だけではなく金額の小さな買い付けの取引を沢山経験し現場感覚を学ぶ事も含まれています。

バイヤーに大切な市場調査や、取引先の新規開拓、交渉などのスキルもアシスタント時代にしっかりと身に着ける事ができるので、下積みはとても重要なのです。

会社によっても様々ですが、買い付けを任せられるような一人前のバイヤーになるまでにかかる期間は数年~10年ほどです。

早い段階でアシスタントからバイヤーにステップアップする事で若手を現場で育てる方針と、販売員やアシスタントとして下積みに時間をかける方針とで、バイヤーになるまでの期間にかなり差があります。

会社にとって、バイヤーは利益に直結する重要なポジションなので、他の職種より採用や配属に慎重になる傾向があります。

自身が考えているキャリアプランと会社の方針が沿っているか、アシスタントからバイヤーになるまでの期間を面接や面談で確認してみるといいでしょう。

前職で営業職をしていた場合は、スキルをそのまま活かせる

憧れの職種である反面、シビアに結果が求められるバイヤー職は営業職と同じく売上にストイックである必要があります。

営業の仕事である「利益・販売・売れ筋の数値分析、営業先への交渉や新規営業先の開拓」などはバイヤーと仕事内容が大変似ています。

是非、営業経験のある方は営業職で培った数値管理と交渉スキルをアピールしましょう。

流行に対する感性や販売経験以外の部分は、営業職を経験していることでクリアできるはずです。

語学力が重宝される場合もある

バイヤーの仕事は、国内での買い付けだけでなく世界中を股にかけ買い付けを行います。

世界各国に有る既存の取引メーカーへ買い付けに行くだけでなく、常に新規の取引先を開拓するために国内外にアンテナを張っています。

1年の間に「ファッションウィーク」と呼ばれる買い付けが集中する期間が2回あり、「春夏」を買い付ける秋と「秋冬」を買い付ける春です。

海外への買い付けも担当しているバイヤーは、特にファッションウィーク中は国外へ出ずっぱりとなり大変忙しくなります。

メーカーから送られてくる「展示会」というお披露目会の招待状が送られてきたら世界各国にある展示会会場へ買い付けに向かいます。

国外の取引先から送られてくる招待状は、ほとんどが英語の文面で送られてくるため、英語の文章を読みスケジュールを組むことができる必要があります。

もちろん現地での交渉や会話は大半が外国語となりますので、言語力があるというのはバイヤー職では大変重宝されます。

英語以外の語学は?とお思いかもしれませんが、英語圏でない国のメーカーも英語で対応してくれる場合が多く、まずは英語が堪能であれば問題ありません。

英語が苦手であれば、あいさつや簡単な日常会話ができる程度に事前に勉強しておくとバイヤーへの転職に有利なだけでなく、バイヤーになった後も戦力となります。

情報を収集する能力を磨く

バイヤーは、ファッション業界の最新の情報と動向を常に探り続ける努力が必要です。

SNSのチェックや雑誌からの情報収集も大切ですが、人脈を駆使して世の中に出る前の情報を掴む努力も必要です。

どこに流行の種が転がっているか分からないので、バイヤーはアパレルだけでなく広い目で、世の中の最新を常にチェックしています。

私生活でも勤務中でも「常に」情報収集のアンテナを張っているのです。

「常に」アンテナを張るという癖は、すぐに身に付くものではないので、早速今から意識してアンテナを張る癖を付けておくといいでしょう。

アパレルのバイヤーとは?仕事内容は?

buyer2

アパレルのバイヤーとは簡単に説明すると、自社のショップで売れそうな商品を探し出し、交渉して買い付ける(buyer)職種のことです。

バイヤーの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

商品を売るための情報を集める

情報を収集する能力の高いバイヤーが高く評価されるのは、売れる商品の買い付けがバイヤーにとって最大の任務だからです。

バイヤーの買い付け次第で会社の利益が左右されるとあって、結果を残さなければすぐに担当を外させられてしまう実力主義の職種です。

では、売れる商材を仕入れて利益に繋げるために必須な「商品を売る為の情報」とはどんな情報だと思いますか?

それは、ズバリ「ターゲットの客層・年齢層にポイントを絞った情報」のことです。

最新の流行に関する情報だったとしても、20代と40代では流行内容が変わってきますし、ターゲットがOLなのか主婦なのかでも、流行や需要が違ってきます。

ターゲットの情報を集めることが、売り上げにつながる買い付けに必須なのです。

商品の仕入れに関する交渉を行う

商品の買い付けには、国内外問わずメーカー側から条件が提示されます。

「最低〇○枚から買い付けてください」「最低〇○円以上は買い付けてください」などの金額と枚数に関する条件です。

この条件に対して、お互いが納得できる交渉をするのがバイヤーの腕の見せ所となります。

メーカーと新規で契約してすぐは、メーカーからシビアな内容の条件を提示されることが多いです。

しかし、契約期間が長くなりバイヤーとメーカーに信頼関係ができると、様々な面で融通が利くようになります。

例えば、買い付けた商品が店で予想を上回って売れ、商材が足りなくなった場合にも他の取引先より優先して商材を回してくれるようになります。

取引相手と良い関係を作り、有利になるような交渉を進めるのもバイヤーには必要なスキルなのです。

買い付けた商品を店舗へ紹介

買い付けた商品が、より魅力的にお客様へ伝わるようにショップスタッフへ伝えるのもバイヤーの仕事です。

商品の良さや、特徴、着こなし方などを実際にショップスタッフへ口頭で伝えることはもちろんですが、資料にまとめて配布し紹介します。

買い付け枚数や在庫状況などの数字も共有し、販売強化商品がどの商材であるかも周知します。

バイヤーのプレゼン次第で、ショップスタッフの販売意識が変わるので商品を店舗へ紹介するのは気を遣う大切な仕事です。

アパレルのバイヤーに向いている人

buyer3

新しい情報に敏感な感性だけではなく、根拠を持って買い付ける能力が必要なバイヤー職はどんな人に向くのでしょうか。

バイヤー向きの人の特徴を紹介していきます。

数字に強くて分析能力がある

仕入れ額から原価や利益の計算をしながら、店頭に並べるボリュームに過不足が無いように仕入れなくてはなりません。

おしゃれだからという感覚だけではなく、過去の販売実績や動向から、数字を分析して裏付けをとって買い付けていきます。

買い付け現場で突然計算が必要になる場面も多いので、数字に強い方が向きます。

決断力がある

いくら過去の数字を分析して、売れるまでのストーリーを詳細に考えて買い付けても実際に売れるかどうかは店頭に並べてみなくてはわかりません。

絶対売れると確信をもって買い付けた商品が全く売れずに大赤字なんて事もあるのです。

出たとこ勝負の賭けのような側面があるので、失敗を恐れず思い切って買い付けできる度胸と決断力も必要な要素なのです。

先見性が高い

バイヤーは、流行に敏感で「今」流行っているものではなく「次」に流行するものを常に追い求めることが必要です。

バイヤーの感性で次の流行はこれだ!売れる!と信じて買い付けた服が店のヒット商品となることも多々あります。

流行を追うだけでなく売れる商品を見抜く先見の目はバイヤーには必須なのです。

オタク気質でこだわりが強い

バイヤーは「これは〇年代のモチーフだ」「この素材は最新の素材だ」「このシルエットは〇年前の流行だ」と瞬時に見分けられる事が大切です。

展示会に並ぶ多数の服から「流行のキーワード」を持った服を探し出すためには、洋服に関する莫大な知識が必要なのです。

洋服が大好きでこだわりを持ってとことん突き詰める!というような、好きなことなら隅々まで知り尽くしたいオタク気質な人に向くのです。

まとめ: 次のキャリアアップでバイヤーになろう

未経験からバイヤーになる方法を解説してきました。

解説した通り、いきなりバイヤーになるのは難易度が高くです。転職活動も労力に見合わない結果になる可能性が高いでしょう。

それを避けるためには「次のキャリアを見越した転職」がおすすめです。これから2年以内に店長(またはそれと同等のポジション)を目指す。1年ほど店長を経験したらバイヤーになるための転職活動をする。といったイメージですね。

ワンステップ踏むこと(現場経験)は必ずご自身の糧と力になります。

まずはアパレル業界に入ることを目指しましょう。

 

【関連記事】

関連記事一覧