apparel-staff-tn

未経験からアパレル店員になるには|簡単な方法あり

「洋服好きを活かした仕事がしたい!」
「アパレル店員からなら業界に入りやすいかな。」

上記のような「自分の好きな事」「今後のキャリア」を見越してアパレル店員を目指される人に向けて『アパレル店員になる方法』をまとめました。

転職活動や今後のキャリアプランの参考になれば幸いです。

未経験からアパレル店員になるには

apparel-staff11

未経験からアパレル店員になるためのコツ、知識、やるべきことを紹介します。

ご紹介する内容は全て必須というわけではありません。ご自身が「これなら出来るかも」と思った内容を見つけて頂けたら幸いです。

まずは転職エージェントに相談する

未経験からアパレル店員へ転職する場合は転職エージェントを活用することをおすすめします。

なぜなら「どうやったらアパレル業界に転職できるか?」を一緒に考えてくれるからですね。もちろん、ご希望にあった求人の紹介もしてくれます。

転職エージェントと言うと、リクルートやマイナビをイメージするかと思います。ただし、働きたい業界が決まっているならアパレル特化の転職エージェントがおすすめです。

元々アパレル業界で働いていたコンサルタントが在籍していることも多く、未経験の方でもとても心強いサポート・求人の案内が受けられます。

転職エージェントは、転職を希望する人と人材を求める企業をマッチングさせてくれるだけではありません。選考に通過する書類の書き方や面接の指導など、徹底的に転職に必要なサポートをしてくれます。

エージェントを活用することで、転職の成功率が格段に上がります。また非公開求人を紹介してもらえ、自分では見つけ出せなかった企業に巡り合えることもあります。

未経験からの転職では、転職エージェントを利用しないと逆に損とも言えます。まずは転職エージェントに相談するところから始めてみましょう。

求人企業から手数料を頂くサービスのため、求職者は無料で利用できますよ。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

ファッション系の専門知識を身に付ける

ファッション系の専門学校に行く

もし時間や金銭面の余裕があるのなら、ファッション系の専門学校で勉強するのが良いでしょう。

専門学校で勉強をすると、のちにデザイナーやパタンナーになりたいなどのキャリアプランも目指せます。

特に専門的知識が必要になる職種だからです。独学で勉強をするよりもプロの講師から教わった方が効率も良いです。

ファッション系の専門学校を卒業していると未経験でも採用される確立が上がります。

必須条件ではありませんが、転職でプラスになることは間違いありません。

独学で勉強を行う

独学で勉強を行う方法もあります。

ショップで店長を目指したい、カリスマ店員になりたいという目標なら、独学の勉強でも充分です。

独学で知識を身に着けるなら、まずは自分に合った本を探して基礎から勉強しましょう。デザインや色彩、コーディネート術など参考になる本はたくさん出版されています。

最近はインターネットでも情報を得られますね。基礎から段階を踏んで学んでいくことが大切です。

基礎を学んだ後は、自分自身や周りの人のコーディネートをするなど、実践をするのみです。

また、常にファッションの流行を把握しておきましょう。ファッション業界は去年流行ったものが今年はもう時代遅れ、なんてことがよくあります。

実際面接でも「最近流行しているファッションを取り上げて意見を述べて下さい」と言われることもあります。

アパレル業界で働くには、ファッションの流行を常に知っておかなくてはなりません。

コミュニケーション能力を磨く

接客業のバイトを経験してみる

アパレル店員として働くにはコミュニケーションスキルが求められます。

接客業の経験がない方はアルバイトなどで経験しておくことをおすすめします。

接客はいくら本や研修で学んでも、実際に店頭に経つとマニュアル通りにいかないことが多いです。そのため、実践することがコミュニケーションスキルを身に着ける最適な方法と言えるでしょう。

アルバイトでも接客の経験があれば、アパレル業界への転職は有利になります。

面接のとき「接客業の経験があるのでコミュニケーションには自信がある」とアピールすることもできます。

未経験の人は、まずは接客経験をしてみましょう。

未経験からアパレル店員になる時に有利な資格

apparel-staff12

アパレル店員になるのに絶対に必要な資格はありません。

しかし、未経験の方が持っていると転職が有利になる資格もあります。ここからはアパレル店員になる時に有利な資格をそれぞれ見ていきたいと思います。

色彩検定

色彩検定とは、色の基礎や色の組み合わせ方など色の専門分野に関する、文科省後援の技能検定です。

2018年にできたUC(色のユニバーサルデザイン)級と、3級から1級までの検定が用意されています。誰でも何級からでも受験可能です。

色彩検定は感覚的ではなく理論に基づいて色の知識を得られます。コーディネートの提案や店頭ディスプレイを作成する際に活かせる資格です。

難易度もそこまで高くないため、アパレル店員でも比較的取得している人が多いです。

商品装飾展示技能検定

商品装飾展示技能検定は国家資格になります。

商品をどう見せたら売れるのか、売り場作りや店作りの知識を得る事を目的とした技能検定です。

3級から1級までの検定が用意されており、3級は誰でも受験可能です。しかし2級以上は実務経験が必要となるため、入職前に取得できるのは3級までとなります。

売上を伸ばす売り場やお店を作るには、それなりの知識や経験、センスが必要になります。

未経験の方がいきなりできる技ではないので、商品装飾展示技能検定を持っていれば転職は有利になるでしょう。

繊維製品品質管理士(TES)試験

繊維製品品質管理士(TES)試験は一言で言えば「繊維のプロ」です。繊維製品の品質管理に関する知識を豊富に持った人に与えられます。

アパレル業界でも一目置かれる資格です。営業でも取引先に安心感を与え交渉事がスムーズに運ぶことさえあります。

営業や品質管理の業務をしたいという方におすすめです。

難易度は高めになりますが、持っていると転職がかなり有利になるでしょう。

アパレル店員になるための面接対策

apparel-staff13

アパレル転職を成功させるに、面接の知識を事前に知っておくことが大切です。

面接時の服装、どんな質問があるのか、事前に知っておくだけでも有利です。ここからはアパレル店員になるための面接対策について見ていきましょう。

アパレル面接は服装が重要です

アパレルの面接時は服装のチェックが必ず入ります。

一切手を抜いてはいけない、とても重要な箇所になります。

スーツ着用など服装の指定がない限りは、面接を受けるブランドの服を着て行くのが一番良いでしょう。

アパレル店員になると、自社ブランドの服を着用して店頭に立つことになります。

そのため面接官は自社の服が着こなせるかどうかの判断をしたいのです。もし、どうしても用意できない場合は、面接を受けるブランドのイメージに近い服装を選びましょう。

また、服装やブランドのコンセプトに合ったメイクをすることも面接を成功させるポイントになります。

面接前に実際にお店に行き、店員さんの着こなしやメイクを見て勉強するのが良いでしょう。

「なぜそのブランドなのか?」という質問に答えられるようにする

日本国内だけでもアパレルブランドは溢れる程存在します。

その中で「なぜそのブランドが良いのか」をしっかり答えられるようにしておきましょう。

「数あるアパレルブランドの中からなぜ弊社を選ばれたのですか?」というような質問は、かなり高確率で聞かれる内容です。

そのブランドが本当に好きだという思いを伝えると、面接官に好印象を与えられます。

「ブランドが好きだから」「お店や店員さんの雰囲気に魅かれたから」などの回答と『そう考えた理由』を整理しておきましょう。

どうしてそのブランドを好きになったのか、お店や店員さんの雰囲気に魅かれたきっかけは何なのか、具体的なエピソードを話せるとより良い内容になります。

好きという気持ちを漠然と伝えるよりも、何か具体的なエピソードを付け加えることで印象に残りやすくなるのです。

また面接では答える内容だけでなく、話し方や立ち振る舞いもチェックされています。

アパレル店員は接客が主な仕事内容ですから、人と話すときの態度や言葉遣いはとても大切です。面接中は常に笑顔で、正しい言葉遣いを心がけましょう。

不安な人は事前に模擬面接をしておくと良いです。友人や知人ではなく、客観的に良い悪いが判断できる転職エージェントと模擬面接をしましょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

コミュニケーション能力をアピールできる経験を話す

面接ではコミュニケーション能力をアピールできる経験が話せるとベターです。

お客さんには色々なタイプの方がいます。お話好きの方や必要以上の会話を求めない方など様々なお客さんがいます。

お客さんそれぞれに合わせたトークができるよう、高いコミュニケーション能力を求められるのがアパレル店員です。

なぜそのブランドなのかという質問の答えと同じように、結論+経験に基づいた具体的なエピソードを話しましょう。

例えば「私は面白い話をするのが得意で誰とでも良い人間関係を築けます」これだけでも充分に思いますよね。

しかし実際にどんな経験があってそう感じたのかまでを話せると、面接官にも伝わりやすく自身の魅力をよりアピールできます。

アパレル店員の仕事内容

apparel-staff14

アパレル店員の仕事は接客だけではありません。

レジ打ちや商品整理など、実は仕事内容が沢山。ここではそれぞれの仕事内容を詳しくご説明します。

接客業務

アパレル店員の仕事の中でもメインとなるのが接客業務です。

「いらっしゃいませ」などの声だしでお客さんを店内に呼び込む、商品を見ているお客さんへのお声がけ、商品の提案、試着のご案内などが主な仕事です。

接客というのは、ただお客さんが求めている商品を案内するだけではありません。

お客さんの中にはお目当ての商品があって来店する方、たまたまお店に立ち寄っただけの方がいます。

お目当商品がある場合はそのブランドが好きであったり、常連の方であったりします。なので積極的に服を買ってくれることが多いです。

たまたまお店に立ち寄っただけの方の場合、お客さんに服を買ってもらうには店員の接客が重要になります。

「いつどこで、どうしたいのか」これらを会話の中から聞き出し、提案するのがアパレル店員の接客です。

商品やブランドのご案内からコーディネートの提案まで、『接客』と一言で言っても実際の接客業務は奥が深いお仕事です。

自分の提案を気に入って頂いたり、喜んで頂けたときには何とも言えないやりがい・楽しさを感じますよ。

レジ打ち

お客さんが購入する商品が決まったら、次はレジ打ちです。

接客したお客さんをそのままレジまでご案内し、お見送りまで行う流れがほとんどです。

レジ打ち中も気を抜けません。

「今日はこの後お出かけですか?」などと声をかけてお客さんに最後まで気持ちのこもった接客をするのもレジ打ちの仕事です。

セール日程の案内をして次回の来店に繋げるなど、再訪を促す会話も織り交ぜます。

レジ打ち中は素早く会計をこなしながらも、お客さんにまた来たいと思ってもらえるようなトークを欠かさないようにします。

店内の掃除

店内の掃除もアパレル店員の仕事です。

主に閉店前と閉店後に、床、窓、陳列棚などのゴミやほこりを取り除き、店内をキレイな状態にします。

ゴミやほこりが落ちた床や棚は、お客さんから見たらとても不快ですよね。汚れた店内はブランドの価値までを下げてしまいます。

いつもキレイで清潔感のある店内を保ち、お客さんがお買い物中気持ちよくなってもらえるよう心がけることが大切です。

商品の整理

店頭に立つ際、接客以外は主に商品の整理をすることが多いです。

お客さんが手に取って戻した服をキレイに畳みなおす、売れた商品を補充するなどです。商品がぐちゃぐちゃに置かれた店内は汚い印象を与えますし、不快に感じられます。

常にお客さんが見やすく商品を手に取りやすくなるよう、売り場のメンテナンスを行うのもアパレル店員の仕事です。

まとめ: まずは自分の思っている事を相談してみよう

アパレル店員になるための方法、アパレル店員の仕事内容を解説しました。

未経験での転職を考えたとき、『志望動機』『自己PR』『面接で喋ること』がネックになると思います。不安な気持ちにもなるでしょう。

ただ、不安がったり悩んでいるだけでは解決しません。一歩ずつでも前進する必要があります。

一歩踏み出す方法は色々ありますが、一番簡単な方法は転職エージェントに相談してみることです。ネックになる『志望動機』『自己PR』『面接で喋ること』も一緒に考えてくれます。

「アパレル店員になりたい」とお考えの人は、まずはご相談してみることをおすすめします。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

関連記事一覧