アパレルで転職するなら大手かエッジの効いた企業がよい?その理由を解説

現在、アパレル業界は全体的に手詰まりの状況といわれています。世間がファッションに求めるものが変化し、経済的な発展が見込みにくくなったことが原因として挙げられます。

今後10年のあいだに、日本のアパレル企業は半分にまで減少するという説もあります。また、デジタル化を推進するところが増え始め、店舗での売り上げに頼らなくなる点が指摘されています。

これまでは特定の共通する嗜好をクラスタリング(集団化)するマーケティングを行っていましたが、今後はそれも減少していくと予想されます。
個人に焦点を当てて着こなしを提案したり、カスタムオーダーでオンリーワンの服を提供したりすることが、スタンダードになるといわれています。

この点から、特に中小企業にとって厳しい状況が考えられます。

今後のことを考えるなら大手かエッジの効いた企業
アパレル業界への転職は、上記の点を踏まえて上場している大手企業か、小さいながらもエッジの効いた特徴的な企業がよいとされています。

大手企業はDXを積極的に取り入れている

agent-3
アパレル大手のほとんどは、デジタル化を推し進めています。
ECサイトを自社で運営したり、SNSの活用やアプリをリリースしたり、積極的に最新のシステムを導入したりして、新規顧客の獲得を目指しています。

ほかに目立つのは、顧客とのつながりを重視している点です。
個別にコーディネイトをプロモーションしたり、新商品や限定品を先駆けて入手できる特典を用意したり、「あなただけのために用意しました」という特別感を得られるシステムを考えています。

さらに、徹底した在庫管理を行っています。セールやアウトレットに出せる商品をより分けることはもちろん、商品補充するときには、まとめて発注したり支払いを明確に伝えたり、取引先のサポートも求められます。これは、調達や製造などの上流部門は発注量の減少に頭を痛めている可能性があるからです。

ニッチなニーズを満たしてファンの固定化を図る企業

例えば、「外出先でも安心して授乳できる服」を作っているブランドや、「お客様の目的になるお店」を目指して、立地にこだわったセレクトショップもあります。

ほかに、「少し高くてもお客様に満足してもらえるデザイン」にこだわって服を作るブランドがあります。

これらのブランドに共通するのは、
「ブランドの芯が確立している」
「対象となる顧客のニーズを満たしている」
ところです。

流行に迎合せず、オリジナリティを前面に打ち出していく姿勢に、共感する人は少なくないでしょう。
また、女性の社会進出とともに、服のあり方も変わっていくところに着目した商品を開発して、支持を得ています。

まとめ

アパレル業界は、今後、大手企業か個人事業かの二極化が進んでいくだろうといわれます。
転職するのなら、このいずれかに該当するところがよいのではないでしょうか。

関連記事一覧