interview-tn

アパレル業界の面接は清潔感ある私服を【競合の服はNG】転職活動の服装

アパレル面接の服装はスーツ?私服?

interview-11

転職活動での面接といえばリクルートスーツ着用が一般的です。

しかし、アパレル業界では服装を指定しない企業が多く、中にはリクルートスーツを着ることが不採用のきっかけになることもあります。

最初にアパレル面接の服装について解説します。

アパレルの面接は、服装な自由なことが多い

アパレル業界の面接は服装自由な企業が多く、髪型やメイクも特に指定がないところが多いです。

指定が無いと逆に困ってしまいますよね。。ただ、これにはちゃんとした理由があるです。企業側が面接で転職者のファッションセンスやコーディネートを見るためなんですね。

なので、面接で「服装自由」の場合は自分の好きな私服を着るのはやめて、ブランドイメージに合わせたコーディネートを考えて面接に挑むようにしましょう。

例外として、スーツを取り扱うブランドやスーツで勤務をするブランドだとスーツで面接をすることがあります。

面接でスーツを着用することが望ましいケースでは、リクルートスーツではなくブランドらしさを出したセットアップがおすすめです。スカーフやアクセサリーで個性を出したり、靴を工夫してセンスの良さをアピールするのも好印象につながります。

「私服でお越しください」と言われたらスーツはNG

面接官に「私服でお越しください」と言われた場合、リクルートスーツはNGです。

中には「服装に指定はない」「私服でもスーツでもよい」というアパレル企業もあります。服装に指定がない場合は基本的に私服と考え、ブランドに合ったファッションで面接に行くのがおすすめです。

私服、スーツどちらでもよいと言われたときでも、私服で面接にのぞむことをおすすめします。異業種からアパレル業界へ転職する場合、ファッションが好きだということをアピールすることが必要です。

しかし、リクルートスーツだとファッションに興味がないと捉えられ、不採用になる確率が上がります。

アパレル面接は服装は私服OKが基本である理由を解説

interview-2

アパレル企業の面接では、転職を希望する人の人柄や仕事への熱意だけでなく面接での服装も大事なチェックポイントです。

ここでは、アパレルの面接を私服で行う理由を3つの項目に分けて解説します。

面接では服装のセンスを見られる

アパレルの面接を私服で行う理由1つ目は、転職者の服装のセンスを見るためです。

転職したい職種がアパレル販売職の場合、店舗に立つスタッフはお客様に着こなしのアドバイスをするのが仕事です。服装のセンスがないとお客様に的確なアドバイスができず、店舗の売上に影響します。

アパレルの販売職ではない職種を希望している場合でも、トレンドの理解や自分に合った着こなしができることは重要です。MD(マーチャンダイザー)やVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)職はレイアウトの考案が重要な仕事の1つになるため、服装のセンスが必須となります。

面接ではブランドイメージと合うかを服装で判断される

アパレルの面接を私服で行う理由2つ目は、転職を希望している人がブランドのイメージと合っているかを見るためです。

アパレル企業に転職するならブランドイメージの理解は必須です。販売職の面接では、面接官は応募者が店舗に立ったときの姿をイメージします。販売スタッフはいわば「ブランドの顔」になるため、あまりにイメージとかけ離れていると自社のブランドに適していないと判断されてしまいます。

できれば面接前に実際に店舗に足を運び、スタッフの服装や身につけているアイテムを確認しておくのがおすすめです。

希望するブランドのアイテムを持っていない場合は、ガーリー系、カジュアル系などテイストを合わせて服装選びをすると好印象を与えられます。

面接の場に相応しい服装を選べるか見られる

アパレルの面接を私服で行う理由3つ目は、転職者がTPOに合わせた服装ができるか見るためです。アパレルの面接はほかの業界に比べると服装マナーを重視しない傾向がありますが、社会人として守るべき最低限のマナーを知っていないといけません。

販売職は常に人と関わる仕事のため、常識をわきまえた服装ができることが重要です。

お客様の中には「仕事用の服」「旅行用の服」など、着ていくシーンを想定して服を買いにくることもあります。販売員が間違えた提案をするとお客様が恥ずかしい思いをしたり、現在だとSNSで悪評が拡散して企業イメージを損なったりするかもしれません。

アパレルの面接ならブランドイメージを重視したうえで「面接」という場に合った着こなしを考えることがポイントです。

アパレル業界での転職活動。面接での服装マナーの注意点

interview-31

アパレル転職の面接では、私服とはいっても普段通りの服装はふさわしくないこともあります。

ラフ過ぎず、清潔感をある着こなしを心がけながらブランドのテイストに合わせることが大切です。

ここではアパレル転職の面接での服装マナーをご紹介します。

面接時はトレンドを意識しつつも清潔感を出した服装をする

アパレル転職の面接では、トレンドを意識しながら清潔感のある着こなしを心がけます。

服のシワやシミ、破れがないかチェックしておくことはもちろん、靴や小物まで手入れをしておくことが重要です。

ほかにも、アパレル転職の面接ではラフすぎる服装は適していません。スウェット、ジャージ、タンクトップ、パーカーは身だしなみを守れないと思われるかもしれません。

多くのアパレル企業は面接でのデニム着用をOKとしていますが、ダメージの多いものやペイント加工が施してあるものだと清潔感に欠けます。デニムはラフなイメージを与えやすいアイテムのため、たとえトレンドでもブランドで扱っていなければ控えるべきです。

競合ブランドの服装は避けた方が無難です

応募先の企業や面接官によっては、競合店の商品を着ていると印象が悪くなることがあります。競合店のロゴが大きく入った服や、競合店のアイテムをメインにしたコーディネートは避けた方が無難です。

転職したいブランドの商品を持っておらず競合店の商品を身につけるときは、できるだけスタンダードなデザインを選ぶことがポイントです。一目見ただけではブランドがわかりにくいアイテムなら、たとえ面接官に気づかれても配慮していることも伝わります。

基本的には、面接で競合他社の商品を着たからといって即不採用になることはありません。しかし、企業側としては自社ブランドが好きな人を優先するため、競合店のアイテムは印象が悪くなりやすいといえます。

面接ではブランドのテイストにあった靴を履く

ブランドのテイストに合った靴を選ぶことも大切です。面接で指定がなければ何を履いても構わないため、服装次第ではスニーカーやサンダルでも問題ありありません。

しかし、ガーリー系ブランドでピンヒール、キャリア系ブランドでスニーカーを履くとテイストが合わなくなります。面接で履く靴に迷ったときは、店舗に立つ販売スタッフを参考にするか、ブランドのカタログを見ると確認できます。

アパレル企業の面接官はファッションのプロです。頭の先からつま先までチェックしています。アパレル未経験でもファッションセンスがあることをアピールしたいなら、素材や仕立てにこだわった高級な靴を選ぶのもおすすめです。

迷ったら会社の評判・口コミを見てみる

アパレル面接での服装に迷ったときは、会社の評判・口コミを見ておくと間違いありません。

応募者の多いアパレル企業だと、複数の転職者を同時に面接することもあります。事前に情報を確認しておけば、面接時に1人だけ服装を間違えて浮いてしまうことを避けられます。

会社の評判・口コミを見るもう1つのメリットは、面接で聞かれる内容がわかることです。

「服装のポイントを聞かれた」「ブランドが力を入れているアイテムを聞かれた」といった情報がわかればあらかじめ対策ができます。接客力を重視するアパレル業界では、スムーズな受け答えができないことはマイナスイメージに繋がります。

面接の服装に悩んだら会社の評判・口コミを参考にしましょう。面接官に聞かれても答えられるよう、服装のテーマを決めておくことがポイントです。

履歴書の証明写真を撮るときの服装・メイクの注意点

interview-41

アパレルに限らず、転職活動を行うときは証明写真の撮影が必要です。

履歴書の証明写真は転職者の第一印象を左右する重要なポイントとなります。

ここでは、履歴書の証明写真を撮るときの注意点を4つご紹介します。

証明写真機や写真館で撮影する

アパレル転職の履歴書の証明写真は、スマホで撮影した写真やスナップ写真ではなく、証明写真機や写真館で撮影するのがおすすめです。

証明写真機は駅前や店先に多く設置されています。「スピード写真」と呼ぶこともあり、撮影から数分で履歴書用の写真が完成するのが特徴です。料金も500円~1,000円程度で済むため、手軽に素早く証明写真を撮りたい方に向いています。

写真館は事前に予約が必要となっており、写真ができあがるまでに早くても数十分、場合によっては数日程度かかることもあります。料金も証明写真機よりは高くなりますが、プロのカメラマンが撮影するため高品質な写真に仕上がるのがメリットです。

満足度・クオリティを重視するなら最初から写真館を利用しましょう。

撮影時の服装とメイクは明るく清潔感が出るように

転職活動で利用する証明写真は、明るく清潔感のあるメイクを心がけます。

応募先の印象に残る写真を撮るためにはしっかりとメイクして、顔のパーツが映える写真にしないといけません。しかし、厚化粧は顔をきつく見せてしまったり、マナーをわきまえていないと思われる可能性があります。

特に厚化粧になりやすいのはアイメイクです。アイシャドーは濃すぎないように注意し、つけまつげは何枚も重ねないようにします。カラコンつけても構いませんが、ブルーやグレーといった派手な色ではなく、ブラウンやブラックなどのナチュラルなカラーがおすすめです。

「自然」「清潔感」というワードを意識しましょう。

アパレル業界への転職を希望する男性の中には、ヒゲが生えたまま面接にのぞむ人もいます。ブランドによってはヒゲがOKとなっていることもありますが、履歴書の証明写真ではきちんと剃っておくと清潔感が出て好印象です。

髪型は本人に合っているか、ブランドイメージに合っているかを見られる

アパレルは基本的に接客業となるため、履歴書の証明写真からブランドイメージに合った人かを判断します。

清潔感を重視しつつ、自分に似合った髪型にすることが大切です。

ロングヘアーの人はきっちりとまとめておき、表情が見えるようにします。巻き髪やハーフアップは控え、おくれ毛を出した髪型やゆるめのまとめ髪も避けた方が無難です。

転職活動での証明写真は黒髪でなくても構いませんが、明るすぎる髪色はあまり好まれません。

ブランドによっては髪色が黒限定となっていたり、ダークブラウンまでと決められていたりします。自分の髪型、髪色がブランドイメージに合っているか気になるときは、実際に店舗で働くスタッフの様子を見に行っておくと安心です。

服装も清潔感を意識して

ほとんどの業界では、証明写真の撮影はリクルートスーツを着用します。アパレル転職の証明写真はブランドから「スーツ着用」と指定がなければ私服でも大丈夫ですが、清潔感を意識した服装を選ぶことがポイントです。

証明写真はできるだけ面接に行くときの服装で撮影します。ブランドは応募書類と証明写真を見て、転職希望者の面接を行うか判断します。履歴書に貼った写真と面接での服装が違うとイメージが変わってしまい、合否に影響するかもしれません。

私服で撮影するときは、接客業にふさわしい清潔感のある服装、さらにブランドらしさを表現し、自分に似合った色やデザインを選ぶことが重要です。

まとめ: 面接時の服装は転職の情報サイトや実店舗で情報収集しよう

アパレル業界で転職先を探している人に向けて、服装マナーや注意点を解説してきました。

本文中で何度か述べたように、服装の傾向がわからない場合は実店舗に行って販売スタッフの服装を見てみることをおすすめします。

面接の傾向や実際の体験談を知りたい人は楽天が運営するRAKUTENみん就が参考になります。新卒就活の情報サイトですが、実際に面接した人の口コミを閲覧することができますので、面接の情報収集に適しているWebサイトです。

参考: RAKUTENみん就

服装に困ったら、まずは実店舗とインターネットで情報収集しましょう。

関連記事一覧