sales-hd

アパレル営業に転職する方法【未経験の人向け】実績を話そう

アパレル営業に未経験から転職するコツ

sales-1

アパレルの営業が未経験の人は、前職での実績を具体的かつ数字で上手くアピールすることが転職成功の大きなポイントになります。

実績は営業での実績でなくても構いません。ショップ店員をされていたなら販売実績がアピールできます。

実績以外にもポイントがいくつかあります。

アパレル未経験で営業に転職するコツを見ていきましょう。

ショップ店員から始めてコミュニケーション能力と商品知識を磨く

アパレル未経験の場合、ショップ店員に転職してから営業職にキャリアチェンジするのもおすすめです。

アパレル営業はブランドの理解や商品知識が求められるため、たとえ営業経験があってもはじめは販売職採用となる可能性があります。

アパレル営業は商品の提案だけでなく、イベント企画や店舗のマネジメントも担当しています。そのため、お客様のニーズや店舗状況、販売員の仕事内容まで把握しないといけません。

ショップ店員の経験を積んでおけばお客様目線で業務に取り組む姿勢や提案力、商品知識が身につきます。

コミュニケーション能力も磨かれ、身につけたスキルは営業職にキャリアチェンジしても役立ちます。

前職での営業実績を面接でアピール

アパレル未経験でも、営業経験がある人はこれまでの実績をアピールすると効果的です。

営業職は数字や実績を重視します。前職での目標達成率や営業実績、担当した顧客数は自己PRになり、未経験でも即戦力となることをアピールできます。

面接のときは、できるだけ業界の専門用語を使わず説明することがポイントです。業界の人にしかわからない難しい言葉を使うと内容がわかりにくくなり、面接官に実績がうまく伝わりません。

自分の実績を振り返る過程でアパレル業界でも生かせる部分を考えておけば、さらに好印象を与えられます。

転職したいブランドの商品について徹底的に調べる

未経験でアパレル営業職へ転職するためには、ブランドの商品について徹底的に調べておくことも大切です。

アパレルの商品はブランドコンセプトをもとに、購買層や着用シーンを考えながら作っています。企業が生き残るためにはおしゃれで斬新なだけでなく、顧客のニーズにフィットした「売れる商品」を生み出さないといけません。

転職したいブランドの商品だけでなく、競合する他社の商品のことも調べておけばブランドごとの特徴が理解しやすくなります。

志望動機はブランドによって変える

アパレル営業に転職を希望するときは、ブランドごとに志望動機を変える必要があります。

同じ営業職でもブランドによって求める人物像は違います。実際にアパレル営業の求人情報をチェックすると、仕事内容は大差なくても「熱意のある人」「数字に強い人」など求める人物像は様々です。

志望動機を考えるときはブランドの方向性についても理解し、将来的なキャリア設計をアピールするのも効果的です。

 

【関連記事】

 

未経験からアパレル営業になるときの注意点

sales-2

「未経験歓迎」の求人であっても、企業が定める必須条件を満たしていないと応募できないケースがあります。

また、アパレル業界に転職するなら繁忙期と閑散期で働き方が変わることを理解しておかないといけません。

ここでは、未経験からアパレル営業になるときの注意点を解説します。

企業によっては自動車免許が必要な場合もある

企業によっては、営業活動をスムーズに進めるために自動車免許が必須となっています。

アパレル業界では、ルート営業を行うときに洋服の商品サンプルを持参していくことがあります。特にアウターや靴はかさばるため、公共交通機関での移動は大変です。

他にも、担当エリアが広い場合は運転免許がないと1日では巡回しきれません。郊外や地方に取引先が多いブランドだと、店舗同士の距離が離れていていることも多いからです。

ただし、すべてのアパレル企業が運転免許必須というわけではありません。都市部や駅近の立地を中心に取引しているブランドなら、運転免許がなくても十分に活躍できます。

必須という訳ではないのでご安心ください。

英語などの語学力が必要なブランドもある

インポート商品を扱うアパレル企業だと、国内メーカーだけでなく海外メーカーにも卸営業をしています。

英語で商談を行うこともあるため、ビジネス英語のスキルがないと採用される確率は低くなります。

アパレル営業を目指して販売職からスタートする場合でも、海外のお客様に対応できる語学力があると有利です。特に近年は中国人の観光客が増えています。

英語だけでなく、中国語も話すことができれば転職活動で大きな武器になります。

繁忙期前は激務になる場合もある

アパレル業界は繁忙期と閑散期で働き方が変わります。

一般的にはゴールデンウィークや年末年始は長期休みを取りますが、アパレル業界は大型連休こそが売上を伸ばすチャンスです。

繁忙期前は激務になる場合が多く、残業や休日出勤が増えることも覚悟しないといけません。基本的に、アパレル業界の繁忙期は夏、冬のセール時期と3月~5月、9月~11月の年4回です。

繁忙期で確実に売上を伸ばすためには、事前にイベントの打ち合わせや新作商品の企画を行います。時には深夜や早朝まで仕事に追われるため、ハードで体力のいる仕事です。

繁忙期が終わって閑散期に入ると、次のシーズンに向けて展示会準備や企画を行います。販売職と違って暇になるという時期はなく、常に業務は山積みです。

祝日休みや定時上がりを希望している人は注意が必要です。

アパレル営業の仕事内容

sales-3

一言で「アパレル営業」といっても、特定の商品のみを扱う専門メーカー、総合アパレルメーカーなど、転職する企業によって仕事内容が変わります。

ここでは、アパレル営業の仕事内容をご紹介します。

ショップや量販店に営業を行う

営業の主な仕事は自社の商品やサービスを販売することです。

アパレル企業の営業職の場合は、ショップや量販店に営業活動を行って販路を増やすことが目的となります。

直営店を持たないアパレル企業の場合、より多くの店舗で自社商品を販売すれば売上増加につながります。ショップ、量販店ごとに適した商品を提案し、販売スペースや販売店舗を増やしていくことが重要です。

イベントの企画で商談を行う

アパレル営業は、商品の提案だけでなく販売後の売上サポートも大切な仕事です。

一度営業に成功しても、売上が下がってしまうとすぐに契約が終了してしまいます。契約を続けてもらうためには、売上の維持、向上のためにキャンペーンや限定商品を考えて営業先に企画を提案します。

営業先が開催するイベントと期間が被ることも多く、営業先の戦略を理解して企画を立ち上げる必要があります。

商談を有利に進めるためには売上予測や過去の実績など、データに基づいた論理的な提案が大切です。

アパレル営業には3種類ある

アパレル業界の営業職は「百貨店営業」「リテール営業」「ホールセール営業」の3種類に分類できます。

未経験でアパレルの営業に転職を希望するときは、自分がしたい仕事内容に合わせて企業を考えるのがおすすめです。

転職するアパレル企業によって担当範囲や業務内容は変わります。待遇だけでなく求人情報に掲載している仕事内容まで目を通し、理解しておくことが重要です。

以下で、アパレル営業の3種類の職種の違いや仕事内容を詳しくご紹介します。アパレル営業未経験の方はぜひ参考にしてください。

百貨店営業

百貨店営業は、言葉の通り百貨店相手に営業活動を行います。

総合アパレルメーカーのほか、靴、バッグといった特定の製品だけを扱う専門メーカーでも多い職種です。

自社ブランドの店舗が入っていない百貨店には新規出店の交渉、既に店舗が入っていればスペース拡大や百貨店イベント参加の交渉などを行います。

家賃や展開スペースは出店時に決定すると後で変更するのは困難です。有利な条件で交渉できるよう、日頃から百貨店担当者とは良好な関係を築いておかないといけません。

取引相手は百貨店となりますが、店舗スタッフやMDなどとも連携を取って店舗の状況を把握しておくのも大切な仕事です。

リテール営業

自社で多くのブランドを持つ総合アパレルメーカーに多い職種がリテール営業です。

リテールとは英語で「小売」のことで、ビジネス用語では主に一般消費者向けの小売を指します。

不動産や金融業界では個人、中小企業相手の営業をリテール営業と言うことが多いですが、アパレルのリテール営業は「営業+マネジメント業務」を兼ねているという特徴があります。

具体的には、販路の新規開拓のほか店舗のスタッフの教育、ディスプレイの指示などを行って売上向上を図るのが仕事です。

店舗に来店するお客様への接客はほとんどなく、裏方に徹して店舗を支えます。

自社で製造した商品を「仕入れた物」、店舗を「個人が営業する小売業者」として扱い、優秀な販売スタッフと魅力的な品揃え、ディスプレイで売上を向上させるのがリテール営業です。

ホールセール営業

リテールの対義語となるのがホールセールです。ホールセール営業は「卸売」を指し、大手法人や企業相手に営業活動を行います。

アパレル業界でのホールセール営業は、自社で直営店を持たない企業に多い職種です。セレクトショップや小売店に自社の商品をセールスし、より多くの店舗で取り扱ってもらうことで知名度と売上を上げていくのが仕事です。

卸売担当となるため、展示会運営や営業先に自社商品の陳列スペースの拡大交渉を行うこともあります。

アパレル営業に向いている人の特徴

sales-4

アパレル業界に限らず、営業職は高いコミュニケーション能力と交渉力が求められます。

また、流行の移り変わりが早いアパレル業界ではトレンドの把握や新商品の勉強も必要です。

ここでは、アパレル営業に向いている人の特徴を詳しくご紹介します。

商品の良さを説明できるコミュニケーション能力がある

未経験でも商品の魅力をわかりやすく伝えられる人はアパレル営業職に向いています。

営業活動を行うときは、担当者の心を開くコミュニケーション能力に加えて商品の提案力も必要です。

「取り扱ってもらえば必ず売れる」ということをアピールするには、商品の良さや他社製品との違いをわかりやすく説明しないといけません。

ただ説明するだけでなく、相手の表情や反応を見ながら効果的な言葉をチョイスする能力が求められます。

営業の経験はもちろん、過去に販売職の経験があればアパレル営業に転職後もスキルを生かせます。

アパレル知識が豊富にある

アパレル業界に転職するならファッションの知識は必須です。アパレルの営業が未経験でも、ファッションが好きでトレンドに敏感な人は転職後も長続きします。

アパレルの営業は店舗、バイヤー、MDなどほかの職種と連携を取る機会も多いため、ファッションの知識が欠けていれば業務をスムーズに進められません。

営業活動においても、担当者よりファッションに詳しくないと交渉は難しくなります。

ファッションは流行の移り変わりが早いため、転職後もすすんで勉強できる人が向いています。

粘り強く交渉を行える

アパレルの営業は断られてもくじけず、粘り強く交渉することが大切です。

分析能力が高く、強い精神力を持った人はアパレル営業が未経験でも活躍できます。

アパレルは商品やテナントの入れ替わりが激しい業界のため、常に新規開拓を続けないといけません。シーズンが変われば、一度断られた相手に再度商談を申し込むケースも出てきます。

2回目以降の商談では、前回断られた原因を分析して違った切り口での提案が必要です。一度断られても諦めず、失敗を糧にして次に生かせる人に向いています。

まとめ: 実績とコミュニケーション能力をアピールする

未経験からアパレル営業に転職する方法・注意点を解説しました。

営業職で大事なことは「売ること」です。「何を当たり前なことを言ってるんだろう」と思った人もいるのではないでしょうか。ただ、この当たり前のことはとても難しいことです。

なので、面接の担当者が重視するところは「ちゃんと売上を上げてくれる能力があるかどうか」です。そのための「実績」や「コミュニケーション力」を面接で判断します。

「実績」については営業実績でなくても構いません。何かしらの数字を上げた実績で大丈夫です。数字を上げた実績をアピールしつつ、どうやってあげたのかを具体的な体験を交えて説明すると効果的です。

まずは、過去の実績を整理するところから開始してみましょう。

 

【関連記事】

 

関連記事一覧