head-tn

アパレル現場から本社で働く方法。本社勤務が未経験の人向け

「今は店舗で仕事しているけど、そろそろ本社勤務したい!」

「そもそも本社での仕事をイメージしてこの業界に入ったんだよな」

アパレル業界では、キャリアアップや元々の夢を目指して本社勤務を希望する人は少なくありません。

今回はアパレル業界で働いていて、本社勤務が未経験の人に向けて記事を書きました。

キャリアアップ、転職活動の参考になれば幸いです。

アパレル本社勤務を目指す3つの方法【本社勤務が未経験の人向け】

head-1

アパレル業界のなかで「本社勤務」と言われるプレス職やバイヤー職などは花形とされる憧れの職種です。

ここでは、本社勤務を目指す方法を3つご紹介します。

販売員として働きながら本社勤務の社内公募を待つ

アパレル未経験の方が本社勤務にチャレンジしやすいのが、販売員からのキャリアアップです。

販売員として勤務しながら、社内公募や異動辞令を待つ方法ですね。

販売員からキャリアアップする方法のメリット・デメリットを以下より解説していきます。

メリット:販売員としてアパレルの知識を身につけられる

アパレル未経験者でも採用されやすい職種なのが「販売員」です。

販売職は、アパレル未経験で入社する方も多いため新人を育てるマニュアルや新人教育がしっかりと確立している会社がほとんどです。そのため、販売員からスタートした場合はアパレルの基礎的な知識を得ることができます。

販売員時代に、基礎知識はもちろん目指す職種に有利になるような資格を自ら学んでおくのも大切です。更に、プレスやバイヤー職を希望している場合であれば販売員としての経験が重要となります。

お客様の生の声やニーズ、店頭での現場感覚は販売職を経験してこそ得られるものなのです。販売職でしか得ることができない経験を確実に身につけ、本社勤務のチャンスが巡ってきたときに強みとしてアピールしましょう。

販売職から本社勤務を目指す場合、多くは社内公募が出た際に上司からの推薦で応募する形となります。直属の上司には、普段から本社勤務を希望していることを伝えておく方がスムーズに推薦してもらえるでしょう。

もし希望の職種があるのであれば、そのことも伝えられればベストです。

デメリット:未経験からいきなり本社に務められない

販売員から、同じ会社の本社勤務を目指す場合は販売員として雑務・売上実績共に一人前であることが前提のキャリアアップとなります。

そのため販売未経験の状態では本社勤務への道は無く、販売経験や販売実績を積むために数年は販売員をする必要が有るのです。

しかし、会社としては販売実績が良い人材を本社へ異動させることは渋ります。

販売実績が良い人材は、店頭で沢山服を売って利益を作ってくれるので当たり前といえば、当たり前ですね。販売員として勤務している会社で、本社勤務を目指すのは数年がかりのキャリアアップ+上記の様な理由から近道のようで実は遠い道のりとなります。

とはいえ販売員を経験すると、実力も付けられて着実なキャリアアップも期待できます。2年ほど販売員をして、社内異動がダメだったら転職活動を始めるのもありでしょう。

アパレル専門の求人サイトを利用して本社勤務に転職する

既にアパレル業界で勤務経験がある場合、未経験の時より希望職種への道が開けています。

アパレル専門サイトを上手く使って希望職種へチャレンジしましょう。

転職という手段で本社勤務になるメリット・デメリットを以下より解説していきます。

メリット:いきなり本社で即戦力として活躍できる

アパレル求人サイトを使って他社から転職してきた場合、ほとんどが中途採用として希望職種へ応募し、採用されることとります。

そのため、採用された会社の販売員などは経験せず最初から本社での勤務となります。

本社勤務の職種を希望している場合、自社での異動や社内公募を待つよりも社外からキャリアアップする方が確実な方法となるのです。

求人を探す際には、アパレル専門の求人サイトをお勧めします。アパレル専門とあって、通常の求人サイトよりも本社勤務の求人が多いため求人案件を選ぶ際に選択肢が広がります。

アパレルの本社勤務は花形職種が多く、憧れを抱く人が多いため、どの職種へ転職するにしてもライバルは多くなります。目指す職種への転職を成功させるためにはアパレル経験+強力なアピールポイントを身につけておくことも必要です。

希望する職種が求める人物像とスキルをリサーチし、事前に身に着けておくことで転職に有利になるでしょう。また、前職で「どのような仕事内容を経験」して「どのような実績を上げたか」データをまとめておくことも大切です。

本社勤務のほとんどでデータをまとめる作業が有り、作成スキルが求められるため自身の前職の実績データを丁寧に作ることは立派なアプローチになるのです。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

デメリット:全体的に未経験の求人は少なめ

アパレル専門の求人サイトを使って他社から本社勤務職への転職を希望する場合のデメリットが、案件のほとんどでアパレル経験者が対象という点です。

他社で販売員経験やアシスタント経験がある場合など、基本はアパレル職の勤務経験があることが前提の求人となります。

わずかではありますがアパレル未経験者も可能な案件もあるので、全くアパレル経験のない方も諦めず探してみても良いかもしれません。

しかし、アパレル経験が全く無く、本社勤務を目指す場合にはまず販売員を経験して「アパレル勤務経験者」となってから本社勤務へ転職するのが王道でしょう。

未経験者はアシスタントとして本社勤務で働く

プレスやバイヤーなど専門性の高い職種にはアシスタントという職種が存在します。

アシスタントからだと応募条件のハードルが下がるので、人気職種へ転職するチャンスが広がります。

メリット:実績をアピールしやすい

プレスやバイヤーといった専門性の高い職種にはアシスタントという見習いの職種が存在し、勤務しながら経験や専門知識を習得します。

アシスタント職としての求人は、アパレル経験は必須でもプレス・バイヤーの経験不問という場合があり応募条件のハードルが下がります。そのため、アパレル他職種からの転職の場合、まずはアシスタントとして勤務する可能性が高くなるのです。

まずはアシスタントとして本社勤務するメリットは、直属の上司となるプレスやバイヤー職にダイレクトに実績や普段の頑張りをアピールすることができる点です。

プレス・バイヤーは基的に各ブランド1人しか居ないので、大変ライバルが多く競争率の高い職種です。販売員として、店舗からプレス・バイヤーなどにキャリアアップを目指すよりも、アシスタントとしてプレス・バイヤーと行動を共にし頑張りを評価してもらう方が現実的です。

また、アシスタントを長年経験してもプレス・バイヤーが異動や退社をしない限り、席は1つしかないためキャリアアップすることが出来ません。

そんな場合でも、アシスタント経験を利用して他社への転職が有利となります。

デメリット:雇用形態が正社員ではない場合も

アシスタント職はプレスやバイヤーになる為に確実な道で、良い事尽くめに見えますがアシスタント職にもデメリットは有ります。

そもそも求人の条件が、正社員以外の雇用形態がほとんどのため長期雇用が約束されていないという点です。一番多いのが契約社員としての募集で、その次が派遣となります。

多くの契約社員の場合1年毎の契約となり、実績を残せなければ契約終了となるシビアな世界です。短い契約だと3か月ほど~半年の契約もあるため、短い期間で実績を残せるよう転職前から必要とされるスキルを調べ、磨いておきましょう。

アシスタント職にチャレンジする前から即戦力となるよう準備し、念願のアシスタント職に就けたら契約を更新してもらえるような仕事が出来ると理想です。

アパレル本社勤務の仕事内容

resume1

アパレル販売員とは全く違う専門性の高い職種が多い本社勤務は、アパレル経験者の中でも憧れの職種です。

では、本社勤務の仕事内容とはどのようなものでしょうか?

未経験の人向けに、代表的な職種を紹介していきますのでチェックしてみてください。

プレス

アパレル業界きっての花形職である「プレス」とは、簡単に言うと広報のことです。

ブランドを広く世に知ってもらう事が使命で、プレス自身が雑誌に載ったり大勢の目に触れる機会の多い人気職種です。

表立った活動が多いため、人との関りを苦にしないコミュニケーションスキルの高さが求められます。プレスは華やかなだけではなく、展示会準備やカタログ作成、サンプル貸し出しなど裏方の業務も多いためバイタリティ溢れる人向きの仕事です。

雑誌の原稿作成や校正も行うためPCを使っての事務作業が多いのも特徴です。

バイヤー

「バイヤー」とは、国内だけにととどまらず世界を飛び回って展示会に赴き、素材の調達や洋服の買い付けを行う仕事です。

バイヤーの買い付次第でお店に並ぶ商品が左右されるため、会社の売上にダイレクトに影響する責任の有る仕事です。

何を買い付けするべきかをリサーチする能力と、市場調査の分析力が求められます。また、店舗の様子をしっかりと把握していることが必要なので、バイヤーになるには販売職の経験が必須となります。

アパレル事務

「アパレル事務」は、通常のアパレル企業以外の事務職と大きく変わらないためアパレル職としての専門性は低いのが特徴です。

専門知識は必要ないですが、販売店の備品発注をしたり、店舗で故障した機器(レジやプリンター、電話機など)の修理依頼をするなど必要不可欠な仕事です。

事務経験があれば、アパレル未経験でも本社勤務を狙いやすい職種です。

WEBデザイナー

自社のHPやオンラインショップの作成・更新を行うのが「WEBデザイナー」の仕事です。

ブランドの世界観を見ている側に伝えることができる技術やセンスが問われるため、デザインの知識、illustratorやPhotoshopなどのデザインツールが扱えるスキルは必須です。

WEBデザイナーとしての技術と知識は必要ですが、アパレルの経験はあまり問われず「アパレルに興味があると尚よい」という程度です。

ただし、WEBデザイナーのセンスとブランドのセンスの相性が合っている事は重要なポイントです。

本社勤務は年収高め

本社勤務は、専門性の高い職種が多いため販売員に比べ平均年収が高い傾向にあります。

また、年収は企業の大きさに影響されるため同じ本社勤務でも大きい企業のほうがより高い年収になるようです。

アパレルで本社勤務を目指すときの注意点【本社勤務が未経験の人向け】

head-3

「販売員として頑張っていればいつかは本社勤務になれるはず‼」と考えがちですが、ただただ販売員をしているだけでは叶わないのが本社勤務への道のりです。

では、本社勤務を目指すうえで注意しなくてはいけないポイントを下に説明していきます。

販売員と本社勤務では必要なスキルが異なる

販売員と本社勤務では、基本的に必要なスキルが違います。

販売員は、お客様との会話の中でニーズを聞き出し、即興でコーディネイト提案をし売上に繋げる仕事です。そのため販売員に求められるのは「臨機応変に対応するスキル、ニーズを引き出す会話力」です。

対して本社勤務は1年以上前から市場をリサーチし、計画的に洋服の売り方、作り方を考えることが仕事です。

事務作業も多いためPCスキルも必須となります。主に本社勤務に求められるのは「リサーチし分析するスキル、中長期的に計画するスキル、PCスキル」です。

必要なスキルが全く違うため、ただ販売員として店頭に立っているだけでは本社が欲しがるスキルを身に付けることは出来ません。本社勤務を目指すなら、必要なスキルを身に着け本社から欲しがられる人材になる努力をしましょう。

販売員の方が人手不足のため、本社勤務を目指す方が難しい

本社勤務の代表職であるバイヤーやプレスなどはほとんどの場合、各ブランドに1名です。

それに対し販売員は1店舗に最低5名ほどで運営しているため、10店舗有ったら、販売員は50人必要なのです。単純に販売員の必要人数は本社勤務の人数より何倍も多いため、どの企業でも販売員は常に人手不足の状態なのです。

結果、人手不足な販売員から引き抜いて本社勤務へ異動するというのは難しく、険しい道のりとなるのです。

まとめ: 本社勤務が未経験の人は転職orスキル習得

アパレルの本社勤務を希望している人向けに、本社勤務を目指す方法、注意点などを解説しました。

本文中で解説した通り、社内公募や異動辞令はなかなか機会がありません。逆に転職は求人の数だけ機会がありますので、本気で本社勤務を目指している人は転職活動の開始をおすすめします。

「本当に希望する職業に就けるのか不安」という人は転職エージェントに相談するのもよいでしょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

また、本社勤務の職業はどれも専門的なスキルが必要です。転職するにしても、社内公募を待つにしても、自分がなりたい職業に関係のある資格取得やスキル習得に励みましょう。

そのような努力は書類審査や面接で必ず評価されます。ご自身のためにもなりますので、まずは書籍を買うところからスタートしてみましょう。

同時に転職エージェントに相談してアドバイスをもらうと効果的です。

関連記事一覧