アパレルの仕事内容|未経験で転職する人に必要なスキル・注意点を解説

未経験からアパレルに転職しやすい職業ベスト3

販売員(ショップ店員)

job-1

未経験からアパレルに転職しやすい職業1つ目は「販売員(ショップ店員)」です。

アパレル業界で最も求人数が多いのは販売職です。デザイナー、VMD、企画などの職種を希望している人もいるかもしれません。ただ、未経験からではなかなか転職しづらいのが実情です。

販売職で何年かのキャリアがあると次の職種にステップアップしやすい傾向があります。ファッション全般の知識を身に着ける必要はありますが、販売職はアパレル業界の登竜門のような職種で未経験から転職しやすいのがメリットです。

服を実際に購入するお客様と接する経験はキャリアアップした後も大変役に立つ経験と知識になります。

2年〜3年後の自分を見据えて、まずは販売職からキャリアをスタートするのはとても賢い選択肢と言えるでしょう。

営業

job-2

未経験からアパレル業界に転職しやすい職業の2つ目は「営業職」です。

営業職は自社の商品やサービスを「紹介」「提案」「販売」するのが主な仕事です。アパレル業界の場合はショップや小売企業がお客様になります。

ファッションの流行は変わりやすいため、常に新商品や消費動向を勉強する姿勢が大切です。センスだけでなく知識に基づいたセールスができる人だとアパレルでも活躍できます。

また、企業相手の営業経験がある人は重宝されやすいです。売る商品は違っても、提案からクロージングまでの流れはどの業界でも同じでしょう。仕事の流れを把握している人はイメージと現実のギャップなく働くことができます。

未経験から営業職を希望する人は書籍等で営業の勉強しておくことをおすすめします。

生産管理

job-3

未経験からアパレルに転職しやすい職業3つ目は「生産管理」です。

生産管理は企画職が作成した企画書をもとに、生産工程の管理全般を担う仕事です。生産を依頼した外注先(工場)との打ち合わせ、原価管理、納期までのスケジューリングなど様々な業務があります。

納期が遅れると販売のタイミングを逃してしまいますので、生産管理の仕事は会社の売上を左右する重要な職種でもあります。

コミュニケーション力があり、調整能力のある人が向いていると言えるでしょう。

おまけ: IT人材(ネット販売、Webマーケティングができる人材)

近年はインターネットで服や雑貨を買うこと当たり前になってきました。

そのため、販売用のECサイトを作り、インターネット上で服や雑貨を販売しているアパレル企業は少なくありません。

ただ、実店舗で接客をして販売に繋ぐことができるコミュニケーション力の高い人材は多いですが、IT・Webに強い人材は少なめです。

IT・Web関係の仕事は専門性の高いスキルを必要としますので、採用する企業側も人材獲得が難しい状況です。なので、ECサイト運営やWebマーケティングの経験がある人はアパレル業界が未経験であったとしても、転職しやすいと言えます。

Webサイトをより良くするためのプロセスは業界は違っていても共通するものがあります。ECサイト運営やWebマーケティングの経験はアパレル業界でも需要があり、即戦力になる能力です。

未経験からアパレル業界に転職するコツ・ノウハウ

job-4

アパレル業界に強い転職エージェントを利用する

未経験でアパレル業界に転職するなら「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

転職エージェントとは、転職したい人と企業の仲介役に立ち、求人の紹介から転職のサポート全般をおこなうサービスです。

一言でアパレル業界といっても企業数は多く、職種もさまざまです。自分で1つ1つの求人を確認していると膨大な時間がかかる上に、未経験だと待遇の違いやブランド選びの基準がわからない人もいるはずです。

転職エージェントなら希望条件や好きなブランド、希望する職種を伝えるとご自身の条件に合った企業を探して紹介してくれます。業界に詳しい人材斡旋のプロが探してくれますのでミスマッチも減ります。

転職エージェントの中でもアパレル業界に強いエージェントを利用した方が良いでしょう。なぜなら、販売職、デザイナー、バイヤーなど取り扱う職種も多く、より希望に近い求人を紹介してくれるからです。

転職エージェントは転職に必要な手続きを代行してくれるほか、プロのアドバイザーが担当について履歴書・職務経歴書の添削も行ってくれます。必要であれば面接対策もしてくれます。

企業から手数料をいただくビジネスモデルのため、求職者はサービスを無料で利用できます。

求人サイトと転職エージェントを併用しながら転職活動をすると効果的です。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

アパレル転職の自己PRは過去実績を入れる(未経験者向け)

新卒就活では人物像や熱意が評価されますが、転職となるとそうはいきません。

社会人になって何をしたのか、どのような実績・成果を残したのかが大事になります。つまり「戦力になりそうかどうか?」が重要視されます。

なので自己PRの文章は、前職で得たスキルや実績を書きつつアパレル業界でどう活かすのかを説明します。それに加えて性格・熱意をアピールすると良いでしょう。

もし転職したい企業が決まっているのでしたら、事前に希望するブランドについてしっかりとリサーチし、企業の求める人物像を理解しておくことが重要です。

自己PRの文章は以下を意識して構成しましょう。

  • 「自分の強み」
  • 「根拠となるエピソードや実績」
  • 「採用する企業にとってのメリット」

未経験者の自己PRの例文

例文:私は前職で化粧品販売を〇年間経験しました。ディスプレイや顧客獲得のためのDM作成も積極的に行いましたが、最も力を入れたのが接客です。ご来店されるお客様の悩みに寄り添い、最適な商品が提案できるように努力しました。

日々の努力の積み重ねもあり、個人ベースでの売上は昨年対比で〇%向上させることができました。

「接客が好きであるということ」「目標を意識すること」「細かい努力を惜しまないこと」が私の強みです。

アパレル業界は未経験ですが、前職で得たスキル、経験、接客への熱意は異業種でも活かせると考えています。

日々の細かい努力を武器に売上貢献したいと思っております。

アパレル転職の志望動機は店舗での体験談を入れる(未経験者向け)

未経験者の志望動機でよくありがちなのが「ファッションが好き」「おしゃれが好き」「好きを仕事に活かしたい」です。

ただ、これだけでは説得力がありません。「ふーんそうなんだ」で終わるでしょう。採用者の目を引き、説得力のある文章が必要です。未経験者だからこそ書きやすい文章の1つに「店舗に行ったときの感想」があります。

接客を受け、服を着て、購入するまでの体験談を素直に文章にすると効果的です。

志望動機は「アパレルに転職したい理由」と「ブランドへの思い」の2点を中心に文章を書きます。以下に例文をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験者の志望動機の例文

例文:〇〇(希望ブランド)の商品はキャリア層の女性向けのシンプルなアイテムが多く、〇〇(ブランドの特徴)なところがとても気に入っています。私自身も愛用させていただいております。

先日貴店に来店した際は、販売員の方が親身に相談に乗ってくださりとても気持ちよく買い物をすることができました。販売員なることを希望していますが、自分との価値観が合い、お客様の悩みに寄り添って接客してくださる貴社の販売員になりたいと思い応募いたしました。

アパレルは未経験ではありますが、前職の営業での商品販売の知識を生かし貴社に貢献いたします。

未経験からアパレル業界に入るのに有利な資格を取得する

基本的に、特定の資格がなくてもアパレル業界への転職は可能です。

しかし、未経験でもアパレル業界で役立つ資格を持っていると転職時にアピールできます。

アパレル販売職への転職で有利になる資格としては「色彩検定」「販売士検定」「ファッション販売能力検定」が挙げられます。販売職はファッションセンスや接客知識が重要となるため、接客に関する資格があると有利です。

デザイナーやパタンナーを目指すなら縫製に関する知識が必須となるため「パターンメーキング技術検定」の資格を持っていると役立ちます。

商品のディスプレイに携わる資格としては「商品装飾展示技能検定」という国家資格もあります。売り場作りやディスプレイに携わる職種に興味があれば取得しておくのもおすすめです。

アパレル業界の職種・仕事内容

job-5

デザイナー

デザイナーは洋服の企画を考えたり、デザインを担当したりして商品を生み出す仕事です。

デザイン画の作成、パターン(型紙)の製作、サンプルの縫製、展示会の対応と業務は多岐にわたります。

ファッションセンスはもちろん、売れる商品をデザインするために市場の動向やトレンドの調査などのマーケティング能力も必要です。

未経験でアパレルのデザイナーに転職するのは難しく、基本的には下積みやパタンナーの修行を経てステップアップしていきます。アパレルのデザイナーを目指すなら、縫製技術やデッサン画の技術を磨いておくことをおすすめします。

商品企画

商品企画の仕事は、トレンドや消費動向を見極めて商品の企画や戦略立てを行うことです。

企画という点ではデザイナーと同じですが、商品企画は「データや実績に基づいたビジネス的な企画」を行います。

企画した案が通ったあとは、ほかの部門と協力して企画を商品化します。企画の提案にはプレゼンテーション能力、他部門と連携のためにはスケジュールの調整やコミュニケーション能力が必要です。

企業によっては、未経験でもアパレルの商品企画を募集していることがあります。アパレルの知識はもちろん、マーケティング能力があると転職しやすくなります。

プレス

プレスとは広報・宣伝を担当し、商品やブランドをアピールする仕事です。華やかなイメージからアパレル業界でも人気の職種です。

プレスは掲載商品選びからカタログの作成、マスコミの取材対応、イベントの企画運営と幅広い業務を担当します。スポンサーやマスコミからの問い合わせ対応はプレスが担当するため、商品についての正しい知識が求められます。

チームを組んで動くことが多いため、コミュニケーション能力の高い人や細やかな気遣いができる人が向いています。また、プレス自身がブランドの顔をしてメディアに登場することもあり、自己プロデュース能力が必要な仕事です。

VMD

VMDとは「ビジュアルマーチャンダイザー」の略です。

店舗のディスプレイを担当し、商品を魅力的に展開して売上を向上させる役割を担っています。

複数の店舗を持つブランドでは、シーズンごと、週ごとにVMDがコンセプトを決めて各店舗にディスプレイの指示を出します。マネキンに飾る商品や展開するカラーなどのコンセプトを決め、各店舗の統一感を出すことも重要な仕事です。

VMDは出張が多かったり勤務時間が不規則になったりとハードな仕事でもあります。大きな什器を移動する場面もあるため、体力に自信がある人に向いています。

アパレル業界に未経験で転職するときの注意点

job-6

同じアパレルでも企業によって待遇やコンセプトが違います。ブランド選びを間違えると、転職した後に「向いていないかも」と後悔するかもしれません。

未経験でアパレルに転職するときは自分に合ったブランド選びが大切です。

ブランド選びは慎重に行う

アパレルに転職するときはブランドイメージを知り、自分に合ったブランドを選びが重要です。あまりにも好みとかけ離れたブランドは仕事に慣れるのに時間がかかり、仕事が苦痛になるかもしれません。

ブランド選びのポイントは、価格帯やターゲット層の把握を把握しておくことです。できれば店舗に足を運び、実際に自分の目で確認しておくことをおすすめします。

好奇心と行動力が必要不可欠

未経験でアパレルに転職する場合、好奇心や行動力のある人が企業に重宝されます。

アパレル業界はトレンドに合わせた柔軟な変化や、新しいアイデアが必要です。受け身の体制よりも、自ら新しい試みを考えて積極的に行動できる人が長続きします。

常に好奇心を持ち、提案力や行動力を磨くことが必要不可欠です。

インターネットで様々なブランドの状況を知っておく

未経験でアパレル業界に転職するときは、希望するブランドはもちろん、様々なブランドの状況を知っておくことも大切です。調べてみるとブランドコンセプトや企業戦略の違いが理解できるはずです。

競合するブランドの状況も知っておけば、転職したあとも販売戦略を考えるのに役立ちます。

ただ、ブランドによっては急にテイストやターゲット層を変えることもあります。常に最新の情報に触れることを心がけましょう。

お客様目線になることを意識する

アパレル業界はお客様目線に立って物事を考えられるかを重要視します。

良い商品があってもお客様に売れなければ企業の売上になりません。企画、デザイナー、ディスプレイといった直接現場に立たない職種でも、お客様が求めるものを常に考えることが大切です。

販売経験がない場合は、お客様のニーズを読み取る力やコミュニケーション能力を磨いておけば転職後に働きやすくなります。

転職エージェントから業界の内情を聞いてみる

アパレルの求人に特化した転職エージェントは、過去にアパレル業界で働いていた人も多く在籍しています。

担当のキャリアコンサルタントがアパレル業界に詳しければ、業界の内情についても親切に教えてくれます。

未経験でアパレルに転職するときによくあるのが、転職後に自分が働いている姿がイメージしにくいことです。転職エージェントなら具体的な仕事内容を教えてもらえるため、安心して転職に踏み出せます。

転職エージェントが紹介する企業の多くは、実際にキャリアコンサルタントが訪問して社風や社員の様子を確認しています。リアルな情報を得られるため、転職後のミスマッチも防げます。

まとめ: まずはスキルアップからスタート

未経験からアパレル業界に転職したい人に向けて職業、資格、注意点を解説してきました。

「ファッションが好き」「あのブランドが好き」「おしゃれして働きたい」などの利用者の目線も大事ですが、仕事に就くとなると供給側の知識や感覚が必要になってきます。

アパレル業界の印象だけで転職してしまうと「イメージと違う。。」と後から後悔する可能性も高くなります。なので、書籍やインターネットで勉強して、知識とスキルを身につける所からスタートすることをおすすめします。

同時に転職エージェントに相談して業界の内情を聞きましょう。

インターネット検索や転職相談など、まずはやりやすい所からスタートしてみましょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

関連記事一覧