age-tn

未経験者はアパレル転職で年齢制限があるのか【ブランド次第です】

昔から好きだったファッション

やっぱりアパレル業界で働いてみたいな

でも年齢的にまだ間に合うのかな?

こんな風に未経験で年齢を気にしている人に向けて『アパレル転職での年齢の限界』について回答したいと思います。

アパレル未経験で高年齢は『転職できない』ことなんてない、ブランド次第

age1

結論から言うと、未経験からのアパレル転職に年齢の限界はありません。

なぜ年齢による限界がないのでしょうか。これから順を追って解説したいと思います。

早速見ていきましょう。

アパレル業界は年齢に応じたブランド・ショップがあるため

アパレルの従業員は若い人が多いというイメージから転職に踏み込めない方もいると思います。

しかし実際は本人の意志さえあれば、何歳からでも働き始めることができます。

アパレルと言っても10~20代向けのブランドもあれば、30~50代向けのブランドもあります。ブランドの雰囲気や客層によって、求められるスタッフの年齢も変わってくるのです。

求人数は少なくなるものの、30代、40代向けの求人がある

最近は30代、40代の方が未経験からアパレルへ転職を希望することが増えました。求人数は少なくなるものの、転職は可能です。

アパレルといっても、各ブランドのコンセプトやターゲットの年代は様々です。そのため求めるスタッフ像もブランドによって異なります。

求人概要にはっきりと年齢制限が書かれているケースは少ないです。「30代から40代のスタッフが活躍中」などと書かれている求人を探しましょう。

働きたいブランドが決まっていれば、実際に店舗に足を運んでスタッフの年代や雰囲気を見てみるのも良いでしょう。

求人数は少なくなりますが、年代に合ったブランドを選べば転職は難しくありません。

ショップスタッフの年齢はお客さんの年齢層に合わせているから

ショップスタッフは、お客さんの年齢と合わせている場合がほとんどです。

例えば40~50代向けのショップで20代のスタッフが働いていたら、ターゲットとする年齢層のお客さんは店内に入りづらいですよね。自分より若いスタッフの着こなしでは、ファッションの参考にするのも難しいです。

そのため、お客さんの年齢やショップの雰囲気に合わせたスタッフの配属をしています。ブランドのコンセプトに一致していれば、年齢が不利になることはありません。30代、40代の方でもアパレル転職は可能なのです。

40代、50代女性の場合は、ベビー服・子ども服も向いているから

40代、50代女性におすすめなのは、ベビーや子ども服の販売員です。

子育ての経験を活かしてお客さんの悩みに寄り添えるのは大変おおきな強みになります。

例えば、お客さんに「肌の弱い赤ちゃんが着てもかぶれにくい素材の服が欲しい」と言われたら、経験を踏まえてアドバイスをすることができますよね。

デパートや百貨店に入っているベビー・子ども服ブランドの求人は「ミドル世代積極採用」と記載されていることが多いです。

アパレル業界に転職するときの年齢上の注意点

age3

年齢が高い人はやはり即戦力性が求められる

年齢は気にしなくていいというお話をしてきました。とはいえ、年齢が高い人はより即戦力が求められるのは事実です。

まだ社会人経験が少ない20代は未経験でも入社後に育てるという考えを持つ会社が多いです。ショップスタッフの場合はやる気やポテンシャルで採用するケースがほとんどです。

一方、社会人経験を積んだ30代以上の場合は経験の活かし方、即戦力性があって会社に貢献できるかどうかが重要視されます。成長を期待される20代とは違い、30代以上は「今なにができるのか」を求められているということです。

なぜ即戦力を求めるのか、それは基礎を1から教える時間が用意できないからです。ショップスタッフがやることは接客だけではありません。

品出しや在庫管理に棚卸など、限られた人数でお店を回しています。

1日に何時間も新人教育に割ける時間はないのです。

会社によっては研修を実施していますが、ショップでのお仕事はマニュアル通りにはいきません。臨機応変さを求められることが多いです。社会人経験のある30代以上の方には、柔軟に対応できるスキルを求めているのです。

未経験の場合、前職での経験をアパレルでどう活かしていけるのかをしっかり説明できるようにしておきましょう。

定年は通常通り60歳まで

アパレルの定年は通常通り60歳までです。

アパレル業界では長く働けないという印象を持っている方も多いと思います。しかし「○○歳になったから引退して下さい」と言われることはありません。本人の意志次第で定年まで働き続けることができます。

中には年齢を重ねるにつれて商品への興味が薄れてしまった、店長以降のキャリアプランが見えないなどの理由で、退職していく人もいます。

しかし会社によっては幅広い年代のブランドを展開しており、年代に合わせてブランド間の異動ができることもあります。また販売員からプレスやバイヤーなどの人気職種に異動できるケースもあります。

頑張り次第では、出世してエリアマネージャーや本社で管理職として働ける可能性もあります。

長く働くことを視野にいれている場合、会社の方針や展開ブランドをよく調べておくのが良いでしょう。

年齢を重ねている人がアパレル業界で活かせる強み

age2

年齢を重ねている人がアパレル業界へ転職するには、今まで培った経験やスキルを活かして強みにしていくことが重要です。

ここからは、年齢を重ねているからこそ活かせる強みについて見ていきましょう。

年齢重ねたゆえの親しみやすさ

30代、40代になると年齢を重ねたゆえの親しみやすさがあります。

お客さんの中にはスタッフと話すのが苦手な方もいれば、体型にコンプレックスがあり服選びに恥ずかしさを感じてしまう方もいます。様々なお客さんがいる中で、親しみやすさ・安心感を与えられるスタッフはとても貴重な存在です。

年齢を重ねたゆえの親しみやすさというのは、アパレル業界へ転職する際に活かせる大きな強みなのです。

前職で培った接客スキル、コミュニケーションスキル

もし前職がアパレル以外の接客業やコミュニケーションスキルを求められる仕事内容だった場合は転職がかなり有利になります。

アパレル業界で最も求められるのは、接客とコミュニケーションのスキルです。

この2つのスキルが高いと、お客さんから「またこの人から服を買いたい」と思ってもらえます。リピーターになってくれる可能性が非常に高いのです。

売上を伸ばし、会社に貢献できる人材として重宝されます。

前職が接客以外の仕事だった場合も、『接客』『コミュニケーションスキル』にどう転換できるかを考えましょう。

例えば「顧客のニーズを読み取るのが得意」「コミュニケーションを取る機会が多い仕事をしていた」などですね。

未経験の場合は前職で培った経験をどうアパレルで活かせるかが重要になります。

それまでの人生経験からお客さんに的確にアドバイスできる

20代と比べて、30代〜40代になると人生経験も豊富です。

それらの経験からお客さんに的確なアドバイスができるのも、歳を重ねている人がアパレル業界で活かせる強みです。

子育ての経験を活かしてベビーや子ども服の販売ができるように、それまでの人生経験を基にお客さんの悩みを解決できるのです。

お腹周りをカバーできる服装がいい、初めて同窓会に参加するがどんな服を選べばいいかわからないなど、お客さんの悩みはそれぞれです。それに対して経験を基にアドバイスができれば、悩みを解決してあげることができますよね。

「どういうときに、どうして必要なのか」を明確にすることで、お客さんは商品を購入しやすくなります。

若いスタッフからのアドバイスよりも、経験を多く積んだスタッフの方が信用できると感じるお客さんは多いのです。

年齢を重ねていても未経験からアパレルに転職するコツ

age4

年齢を重ねていても、未経験からアパレルに転職する方法はいくらでもあります。

どんな働き方やブランドがいいのか、面接に受かるためのポイントはなんなのか、転職するコツを見ていきましょう。

販売員ならどんな年齢でも転職しやすい

アパレルのお仕事の中でも、販売員ならどんな年齢でも転職しやすいです。

理由は2つあります。

1つはブランドによって求めるスタッフの世代が異なるからです。ミドル向けのブランドであれば、スタッフもミドル世代を募集します。ブランドによっては年齢が有利になることもあるのです。

2つめは、アクセサリーや雑貨の販売なら幅広い年代のお客さんがいるため、働いているスタッフの世代も間口が広いからです。実際に20~50代までが働いているアクセサリーショップや雑貨店は多いです。

アパレル業界では本社勤務を希望する場合も、店舗で実務経験を積んでから本社へ異動となるケースが多いです。努力次第では売上を伸ばして、それなりの役職を任せてもらえる可能性もあります。

自分の年齢にあったブランドを選ぶ

上記でもお話した通り、自分の年齢にあったブランドを選択するのがアパレルに転職するコツの1つです。

10~20代向けのブランドで40~50代の人が働きたい、というのはあまり現実味がありません。応募自体はできても、書類選考の時点で足切りされてしまう可能性が高いです。

逆を言えば、自分の年齢にあったブランドを選択すれば、未経験からの転職も難しくないのがアパレル業界です。

『自分と同世代のブランドを選ぶ』のが鉄則です。

学歴はそこまで重視されない、それまでの経験が重要

アパレル業界で働くのに、学歴はそこまで重視されません。

一部の求人では「大卒以上」と指定がありますが、ほとんどは「高卒以上もしくは同等の資格を持っている方」というように記載されています。学歴に対しては柔軟な姿勢を取っている会社が多いですね。

最も大切なのは、お客さんのニーズに最大限答えようとする姿勢や、接客・コミュニケーションスキルです。

前職がアパレルに関係ないお仕事でも「お客さんのニーズに答えられる」「自社製品をPRする仕事をしていた」など、それまでの経験をアピールしましょう。

学歴よりも経験や人柄を重視するのが、アパレル業界の特徴です。

面接で「なぜアパレルが良いのか」を的確に話す

面接では「なぜアパレルが良いのか」を的確に話す必要があります。

前職がアパレルとは全く異なる職種だった場合、面接官は必ずと言っていいほど、なぜアパレルで働きたいのかを聞いてきます。

「接客業がしたいから」「服が好きだから」この程度の理由では、面接官に熱意は伝わりません。なぜ接客業がしたいのか、服が好きだから働きたい理由は何なのか、詳しく説明できるようにしておきましょう。

自分の経験を話すのも効果的です。前職の経験だけではなく、『服を買っているとき』『スタッフさんに接してもらったとき』などの経験を話すと面接官の印象も変わります。

会社にもよりますが、アパレルの面接は実際に求人を募集しているエリアのマネージャーや、店長が同席するケースも多いです。

アパレルが良い理由を的確に話して、自分にしか語れない経験を話して、「一緒に働きたい」と思ってもらうことが大切です。

まとめ: アパレル転職に年齢は関係あるが制限・限界は無い

アパレル業界の転職年齢について解説してきました。

年齢によって求められる能力や期待値はあるものの、制限や限界はありません。

ご説明してきたように『ご自身と同世代のブランドを選ぶ』ことが年齢高めの転職のキモでありテクニックです。

まずは自分の年齢層にあったブランドの求人情報を探すところから始めてみましょう。

関連記事一覧