men-hd

未経験からアパレル業界に転職したい男性向けのノウハウ

アパレル業界は女性が多いイメージですが男性も大勢います。

「男性だから・・・」
「未経験だから・・・」

と気が引けて何もしないのは勿体ないです。

この記事では未経験からアパレル業界に転職した男性に向けて転職する方法をご紹介します。

ぜひご自身が希望するキャリアを達成してください。

未経験の男性でもアパレル業界で十分活躍が可能です

men-1

はじめに、未経験の男性でもアパレル業界で活躍できることをご紹介します。

アパレル業界には未経験から転職する人が多い

アパレルは未経験からスタートする人が多い業界です。

アパレルは特定の資格を求められることは少なく、特に販売職は経験よりも熱意や人柄を重視して採用します。

また、アパレル業界は未経験でも入社後にキャリア形成しやすいのが特徴です。未経験者がアパレルに転職した場合、販売職以外を希望していてもはじめは販売職として経験を積んでいくことがほとんどです。

未経験で入社後いきなりプレスやMDなどの職種は難しいですが、販売職からステップアップしていけばキャリア形成もできます。

アパレルは入社してから現場でスキルを身につけるという傾向があるため、多くの人が未経験から挑戦しています。

男性向けアパレル求人も豊富で多い

アパレル業界は女性が多いというイメージがあるかもしれませんが、男性向けの求人も多くあります。

アパレルのブランドは性別・年齢ごとにターゲット層が明確に設定されています。

売上を向上させるためにはショップのイメージに合った販売員が必要です。メンズブランドでは来店するお客様は男性が多いため、男性歓迎の求人も多数あります。

また、女性向けのブランドでも基本的に一定の割合で男性が在籍しています。販売員は接客以外に商品整理や棚卸しなどの力仕事も多く、男性がいると業務がスムーズに進みやすくなります。

女性向けブランドで男性が活躍することもできるため、未経験でアパレルに転職する際はできるだけ多くのブランドに目を向けることが大切です。

未経験の男性が実際にアパレル業界に転職する方法

men-2

未経験でアパレルへの転職を希望する場合は、ファッション業界に精通した転職エージェントを選ぶことがポイントです。

転職エージェントは以下の内容をサポートしてくれます。

  • 求人の検索
  • 企業への応募
  • 模擬面接、書類の添削
  • アドバイス、相談
  • 交渉の代行(入社時期、年収など)

自力で転職活動をするとなると、多くの情報の中から自分に必要な情報だけを選んで応募する必要があります。

結構大変ですね。

アパレルは慢性的な人不足のため求人が多く、インターネットで「アパレル 求人」と検索すれば膨大な求人情報がヒットします。

未経験の人はアパレル業界の給与相場や待遇の違いが判断しにくく、多くの人は検索の段階で転職活動につまづきます。

アパレルに強い転職エージェントなら前職や学歴、希望をヒアリングしてあなたに合った求人をマッチングしてくれます。求人情報には載っていない企業の内情や、働く社員の様子を聞くことも可能です。

転職後のイメージも湧きやすいため、未経験者でも安心してアパレル業界にチャレンジできます。未経験者の良きパートナーといったイメージです。

人に相談すると疑問や不安が解消して次のステップに進めることが多々ありますよね。まずは専門エージェントに相談してみてください。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

転職エージェントにキャリア設計を相談する

アパレル業界未経験の男性が転職するときは、将来的なキャリア設計を立てておく必要があります。

一言でアパレル業界といっても職種は様々です。将来的につきたいポジションを考えておくと、身につけるべきスキルや取得したほうがいい資格も見えてきます。

転職エージェントでは、登録者1人1人に担当のキャリアコンサルタントがついて転職活動をサポートしてくれます。アパレル未経験の男性なら、転職後のキャリア設計について相談しておくのがおすすめです。

たとえ転職できたとしても、将来的なキャリア設計がなければモチベ―ションが保てなくなったり再び転職したくなるかもしれません。

アパレルに特化した転職エージェントはファッション業界出身のスタッフも多く、職種ごとの特徴をしっかり理解しています。

転職者が未経験から目指せる職種や、アパレルでのキャリア設計の立て方もわかりやすくアドバイスしてくれます。

男性がアパレルに転職してからキャリアアップする方法

men-3

アパレル業界はほかの業界よりもスタート時の給与が低いという特徴があります。

結婚をして家庭のある男性ならば、キャリアアップして給与を上げていくことが必要です。

ここでは、アパレル未経験の男性が転職後にキャリアアップする方法をご紹介します。

専門性をアピールできる資格を取得

アパレル未経験の男性の場合、専門性のアピールできる資格を持っていれば希望の職種につきやすくなります。

たとえば、デザイナーを目指すなら「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」を持っていると有利です。デザイン画を型紙におこすパタンナーという職種では、多くの人が「パターンメーキング技術検定」を取得しています。

将来的に本社勤務となり、マーケティングや広報も視野に入れているならパソコン能力は欠かせません。パソコン関係の資格をできるだけ多く取得しておくことをおすすめします。

転職活動中や販売職で働いている間に専門性をアピールできる資格を取得しておくことがキャリアアップへの近道です。

以下では、アパレル業界で役立つ資格を3つご紹介します。

「何を勉強しておけばいいかわからない」

という男性はぜひ参考にしてください。

ファッション販売能力検定

ファッション販売能力検定はアパレル業界で働くために必要な商品知識や売り場づくりについて学べる資格です。

1級~3級まであり、2級以上あれば転職活動でもアピールしやすくなります。1級はマネジメントや運営向けの資格をなっています。

未経験から店長、SV(スーパーバイザー)、マネージャーへとキャリアアップを目指す男性はぜひ持っておきたい資格です。

シューフィッター

シューフィッターとは日本語に訳すと「靴を合わせる人」という意味になります。足のサイズ、甲の高さ、指の形などからお客様の足に合った靴を選ぶ専門家です。

シューフィッターを名乗るには、シューフィッター養成講座を受講して実習と筆記試験の両方で合格しないといけません。

受講には3年以上の実務経験が必要なため、アパレル未経験の男性は一定期間働いてから受講することになります。

シューズブランドへの転職はもちろん、洋服をメインに扱うブランドでもシューフィッターの資格は役立ちます。

靴はコーディネートを決めるうえで大切な要素です。ブランドを問わず、大抵の店舗では服と靴を一緒に展示、販売しています。

未経験でアパレルに転職する男性はシューフィッターの資格を取得すると現場でも重宝されます。収入アップにもつながりますよ。

ウォッチコーディネーター

アクセサリー関連の資格を探している方は、ウォッチコーディネーターの資格を取得しておくのもおすすめです。

ウォッチコーディネーターとは、腕時計の動作の仕組みや規格の違い、正しい販売知識を持った腕時計販売の専門家です。

腕時計は数百円から数億円まで価格帯が幅広く、膨大な数の腕時計が市場に出回っています。

多くの商品の中から、正しい知識で腕時計が販売できるスキルがあれば売上向上につながります。特に高価な腕時計なら、1本売れるだけでも昇進に関わってきます。

ウォッチコーディネーターの取得後は、さらにレベルの高い「上級ウォッチコーディネーター」への挑戦も可能です。難易度は高いですが、取得できれば社内でも評価されやすくなります。

高年収を狙うなら外資系のハイブランドに転職

アパレル未経験の男性が高収入を狙うなら、外資系のハイブランドを狙うという手もあります。

外資系のブランドは日系のアパレル企業に比べて給与水準は高くなっています。給与が高い分、高度な接客スキルと語学力が求められるため、未経験だと難易度は少々高めです。

外資系ハイブランドはブランドの世界観を大切にするため、個性的な人よりブランドイメージに合った人を求めています。

販売スタッフはお客様の年齢層に近い人を優先的に採用します。ハイブランドは30代以上のお客様が多いため、30代以上のほうが採用されやすくなります。

外資系ハイブランドは実力主義な側面が強いのが特徴です。未経験からの転職は簡単ではありませんが、成果を出せる男性なら短期間でもキャリアアップできます。

30代以降は経験が問われてくる

30代以降で未経験からアパレルに転職する場合はこれまでの経験が重視されます。

未経験者も採用されやすい販売職でも、基本的な接客スキルやコミュニケーション能力がないと転職は難しくなります。

ファッション業界の知識がない人は、事前に資格を取ったり接客マナーを身につけておくことが大切です。

30代の転職者は「即戦力で活躍できるか」ということが重要となるため、1から教えないといけない未経験者は採用されにくくなります。

30代以降でアパレルへの転職を希望しているなら、即戦力になるスキルや経験が必要です。

販売員で売上トップを狙う

アパレル未経験の男性が販売職でキャリアアップを目指すなら、売上を取れる販売員になる必要があります。

店舗の売上に貢献し、ファンの多い販売員なら会社からも重宝されます。

多くのブランドでは、販売員の年齢が上がっていくと社内のほかのブランドへの異動を推奨します。ブランドが変わっても売上を取り続けられるよう、年齢層を問わず接客できるスキルが重要です。

インセンティブ制度のある企業なら売上を取るほど給与が上がります。販売職はほかの職種より基本給は低めですが、実力次第で高収入が期待できる仕事です。

店長、マネージャーを目指していく

男性が未経験からアパレル業界でキャリアアップしていくためには、店長、マネージャー職を目指す方法もあります。

販売スタッフ、副店長、店長までは店舗に所属して働くため、業務内容が急激に変わることはあまりありません。

基礎を学びながら徐々にステップアップしていけるため、未経験からでも目指しやすいルートです。

接客が苦手なら生産や企画職になる

接客が苦手な男性なら、アパレルの生産や企画職を目指すという手もあります。

売上や販売実績をもとに売れる商品を考える仕事のため、論理的思考が得意な人に向いています。

企画や生産は男性も割合も高めで、女性ばかりの職場が苦手な男性にもおすすめです。

生産、企画職は求人数が少なく倍率が高いため、経験や役立つスキルがないと採用されにくくなります。販売職からスタートして、社内公募を利用すれば未経験者でもキャリアアップが可能です。

インポートのバイヤーを目指す

ファッションセンスに自信がある男性なら、インポート(輸入品)のバイヤーを狙うこともできます。

売れそうな商品を見つける能力やリサーチ能力など高度なスキルが必要なため、アパレルの中でも給与は高めです。

買い付けのために海外を飛び回ることも多く、体力に自信のある男性に向いています。バイヤーはブランドコンセプトの理解と商品知識が求められるため、未経験者の採用はほとんどありません。

アパレル未経験の男性の場合、販売職から本社勤務を経てバイヤーにステップアップしていくパターンが多くなります。

前職での営業スキルを活用する

営業経験のある男性なら前職のスキルを活用してアパレル営業職として活躍することも可能です。

アパレル営業職は自社商品の売り込みだけでなく、営業先に売れそうなアイテムをチョイスする能力が求められます。

商品を魅力的にアピールする提案力、営業先とスムーズな商談をするトーク力も必須です。

販売職からキャリアアップするという方法もありますが、前職で営業経験があればアパレル未経験でも採用されることがあります。

まとめ: アパレル未経験の男性は「販売職」「営業職」の転職が狙い目

アパレル未経験の男性がアパレル業界に転職する方法について解説してきました。

本文中で解説した通り、バイヤーやVMDなどの職業に就くのはなかなか難しいです。経験とスキルが必要になってくるからですね。

販売職、営業職であれば「人柄」「コミュニケーション力」「熱意」などで勝負できます。バイヤー、VMDなどに憧れがあるかもしれません。

ただ、現在バイヤーやVMDをしている人も下積み時代があります。

2年〜3年スパンのキャリアを計画して転職活動しましょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

 

関連記事一覧