planer-tn

未経験からアパレルの企画職に転職する方法|まずは業界に入ろう

未経験からアパレルの企画職に転職するコツ

planer2

アパレルの企画職は企画した服が店頭に並んだり雑誌に掲載されたりするため、憧れの職種として人気があります。

希望する方が多いため競争率の高い職種ですが、未経験から企画職になるためのコツを紹介していきます。

まずは営業や販売でキャリアを積んでから企画部に異動する

アパレルの企画職は、上流(企画・生地作りなど)中流(縫製など)下流(販売など)と、上流~下流までの全ての工程を把握しスケジュールを組んでいきます。

そのため、服作りに関わる全体の流れを熟知し、各部署の仕事内容もよく理解する必要があります。

服作りに関するすべてに関わる仕事の性質上、アパレル業界未経験から企画職へ転職するのは難しいといえます。

通常、企画職になる為にはまずアパレル企業に入社し、経験を積む事が大切です。

初心者でもチャレンジしやすい販売員からスタートし、販売現場でお客様の生の声を聞き商品の構成や売れ筋を熟知していきます。

更に、確実に企画職になる夢を実現させるためには、販売員から営業へキャリアアップしてから企画職へチャレンジすることをおすすめします。

理由は、営業職の仕事内容が企画職と重なる部分があるため営業経験が有利に働きます。即戦力になりそうな人材として重宝されます。

営業職は企業と企業の懸け橋としての仕事以外に、売上につながる販売促進を考えたり、利益や在庫を分析しシビアに売上を求める職種です。

企画職は、常に「売れる商品作り」を目指して仕事をしていくため、営業職の経験があるとシビアに売り上げを求める経験が役に立つのです。

アパレル特化型の転職エージェントを利用する

転職エージェントと聞くとマイナビやリクルートをイメージする人が多いかと思います。

上記の会社は10万件以上の求人数を保有する総合型の転職エージェントです。ITや事務職など、数多くの職種と取り扱っています。

ただし、転職したい分野が決まっている場合は業界特化の転職エージェントがおすすめです。

マイナビなどに比べると知名度は劣りますが、専門性が高いアドバイスやサポートを提供してくれます。

また、業界特化ですのでアパレルならアパレル業界のみの求人を紹介してくれます。話も伝わりやすいですので齟齬なくスムーズに進みます。

転職時は転職エージェントを複数利用するのが一般的です。マイナビやリクルートの他に特化型の転職エージェントを1つ登録しておきましょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

【転職エージェントについて】
転職エージェントとは、エージェント企業に登録すると専属の担当が付き転職までの道のりをサポートしてくれるシステムです。
転職の保証をしてくれるシステムではないですが、未経験職種への転職の場合自分一人での転職活動よりも心強いことに違いはありません。
企業との相性や自身の適性を考慮したうえで転職先を紹介してもらえるのが最大の魅力ではないでしょうか。
また、企業との面接や書類提出など予定調整を代行して行ってくれるので、現職が忙しい場合でも連絡を任せることができるため助かります。
給与や勤務形態などの交渉も可能な場合があるので、エージェントを利用して理想の転職を実現のものにしましょう。

アパレル企画職に有利なスキル、資格

planer3

アパレル企画職になる為に絶対必要な資格は有りませんが、とっておくと転職時に有利になるスキルや資格は有ります。

紹介していくので、是非チェックしてください。

資料作成能力

企画を考える際に過去の販売実績や売れ筋商品の情報など、参考になる様々なデータを集めて資料を作っていきます。

資料を基に「何が売れるか」を突き詰めて企画を進めていくので、資料の作成能力は企画職にとって需要なのです。

また、企画職は各部署と関わっていくため企画の伝えたい内容を間違いなく各部署に伝えるためにも、分かりやすく明確な資料が必要です。

企画職へキャリアアップする前の販売職や営業職の時代に、顧客の分析や売れ筋の分析をしてスタッフに共有する資料を作るのもいい練習になります。

資料作りは情報収集からスタートしなければならないので楽なことではないですが、是非率先して資料をまとめることに携わり資料作りの経験値を上げましょう。

プレゼンスキル

どんなに魅力的な企画内容が頭の中でひらめいていても、立案した企画が通らなくてはプロジェクトは始まりません。

そのため頭の中でひらめいている企画を上手に資料でまとめた上で、企画をプレゼンするスキルが必要なのです。

プレゼンの方法は会社や状況によって様々ですが、大きな会議室などで行う場合もあります。

PowerPointなど、大勢に対してのプレゼンに有効なツールを使いこなす技術を身に着けておくことも、転職の際にアピールポイントとなります。

企画職には進行することになった企画内容を各部署に伝える為のプレゼンも必要となります。

自分と違う部署へも分かりやすく、認識に誤差が出ないようなプレゼンが必須なので、伝えたい内容を言葉・資料両方で的確に伝えるスキルを身に付けましょう。

アパレルに関する総合的な知識

何の調査をどの部署に依頼するか、サンプル作りはどの部署に依頼するかなど、全ての部署を熟知し関わりながらプロジェクトを進行していきます。

更に、企画職は社内の仕事内容を理解するだけでなくアパレル業界の一連の業務を把握しており、服の専門知識も豊富なことが大切です。

デザインだけでなく素材や縫製方法などの選定にも携わるため、服飾への深い知識が必要なのです。

そして何より洋服の売り上げに関してシビアな職種なので、アパレルマーケティングの知識も備えていなければなりません。

企画職は、一つのことに特化した「スペシャリスト」ではなく、アパレルの全てをこなす「ゼネラリスト」なのです。

企画職にチャレンジする前に、自身が知らない分野のアパレル知識を習得することも企画職になった時のために必要です。

ファッションビジネス能力検定試験

ファッション商品の企画・生産・流通に至るすべてのプロセスで必要となるビジネスとファッションに関する専門知識とスキルの習得を目指します。

2・3級は基本的な2科目で構成されています。ファッションビジネス知識、ファッション造形知識を学びます。

1級は教育機関などでファッションビジネスに関する専門教育を2年以上履修し、卒業後アパレル・リテール企業で実務経験5~6年程度積んだレベルの内容となります。

マーケティング戦略、マーチャンダイジング戦略、流通戦略、マネジメント戦略、ファッションビジネス知識を学びます。

アパレルの企画職の仕事内容

planer1

アパレル企画職とは、本社の企画部門に所属し洋服が作られるまでのすべてに関わるマルチプレーヤーです。

詳しくどんな仕事内容なのか紹介していきます。

企画、流通、販売方法までを考えるプロデューサー

企画職は、デザインだけでなく「売れる商品」にするために生地の選定や縫製方法に至るまで各部署に意見を伝え、売れる商品に仕上げていきます。

企画職は販売戦略に基づいて「何をどのくらい作って売るか、金額はいくらか、どのように売るか」商品が消費者に届くまでブレないように様々な部署に関わり続けるのです。

「売り上げに繋げる」という目線で企画・流通・販売すべての工程に関わりプロデュースするのが企画の仕事なのです。

また、企画職はプロデューサー的な立場とあって関わる部署が多い分イレギュラーが発生しやすくなります

そんなピンチの時にも商品がお客様に届くまで企画がブレないよう柔軟に対応する能力が求められます。

アパレルの中でも、俯瞰で全体を見渡しながら臨機応変に対応していく高度な仕事内容となるのが企画職なのです。

各部署や仕入先との調整業務

立案した企画が最大の効果を発揮し大きな売り上げにつながるように、各部署・仕入れ先のスケジュールを調整し組んでいきます。

仕入れ先と自社の業務のスケジュールをパズルのように上手に組み合わせ、潤滑に企画が進行するよう予定を考えます。

このスケジュール調整が成功し実売期にピンポイントで店頭に商品を並べることができたら、大きな売り上げを作ることができるのです。

アパレルは生ものなので、スケジュールが狂って販売時期が少し遅れるだけで全く売れなくなる世界です。

企画職は、売りたい時期にピンポイントで店頭に並べることができるよう関わる部署に目を光らせ、遅れが出ないようにしているのです。

企画の効果検証、改善業務

プロジェクトが始まる前に「効果の検証」をし、プロジェクトが終わった後に「改善が必要な業務」を分析するのも仕事の一部です。

市場調査や先シーズンの実績を踏まえて、まず新商品にどれほどの需要が有るのか販売戦略の「仮説」を立てます。

企画を進行するために「仮説」を「検証」し、「売れる!この戦略には効果がある」という裏付けを取ることが必須となります。

販売戦略の「仮説」が思い込みや想像の範囲を出ていない場合があるので、「検証」行うのです。

また、どの職種でも同じですが終わったシーズンの振り返りも重要です。

プロジェクトのどの部分が良かったのか、改善が必要だったのかを振り返り資料にまとめます。

次のシーズンに、より良い結果が残せるよう改善が必要と認識した部分には手を加えて次のプロジェクトに取り組むのです。

他社商品の調査やマーケティング

服を企画するうえで一番最初に取り掛かるのが、次のシーズンの服を作る為の市場調査や消費者ニーズなど情報収集です。

特に、客層が重なっている競合他社の商品構成やデザイン、売れ筋などの調査は念入りに行います。

競合他社の調査や市場調査を参考に、マーケティングをおこない次のシーズンの自社の「強み」「売れ筋」を決めていきます。

「売上」に特化した企画にとっては、市場調査を基にした「販売戦略」こそがデザインの核となるのです。

アパレルの企画職に向いている人

planer4

ビジネス的思考ができる人

企画職の仕事内容は一見デザイナー職と似ていますが、異なる性質を持っています。

デザイナーはクリエイティブなデザインで、今までにない新しい流行を作り出すことを目指し服作りをします。

対して企画職は、市場調査など情報を基に既に流行の兆しのあるものを確実に押さえて戦略的に「売れる」服作りを目指しています。

「可愛い・おしゃれ」という感性よりも「売れるか・売れないか」の基準で企画を進めていける、ビジネスライクな考えができる人に向いているのです。

世の中のトレンド・変化に敏感な人

企画職は、「売れる」事に特化した服のデザイン企画をします。

これから売れるものや出したらすぐメディアが取り上げてくれる旬のデザインはどれなのか、常に情報を更新し裏付けを取りながら企画します。

そのため、これから何が流行りそうなのか世の中の動きに敏感に反応できる人に向いています。

また、SNSなどトレンドの発信となるようなツールを多用することを楽しむ事ができる人にも向いているといえます。

人にお願いするのが上手な人

企画職の仕事は、服作りの工程の中で重要なポジションですが、一人の力だけでは何も実現できない職種です。

企画職の仕事は全ての工程に携わり服作りを成功させていく仕事なので、他部署の人にも協力を仰ぎ生産~流通までを成功に導く能力が必須です。

そのため、自分一人で仕事をするぞ!という職人タイプより、人にお願いすることに苦手意識がなく素直にお願いできる人に向くのです。

まとめ: 企画職の前段階の職種を目指そう

未経験からアパレルの企画職に転職するのは難易度が高いと言えます。

様々な人とのコミュニケーション、企画を一緒に進める人に指示や依頼をしたりします。「これはイケる」という勘どころも大事になってきます。

アパレル業界で何年かの経験を積むところからスタートするのが良いでしょう。

ただし、大手企業になると仕事が細分化されますので、『企画サポート』『企画事務』のような仕事もあるかもしれません。

ニッチな職業ですので探すのが難しいかと思います。アパレル特化型の転職エージェントに聞いてみると良いでしょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

関連記事一覧