manufacture-tn

未経験からアパレルの生産管理職に転職する方法を解説

「アパレルの求人を見ていたら”生産管理”という仕事があったけど、実際どんな仕事なの?」
「アパレル業界の未経験者が生産管理の仕事に就けるの?」

このような疑問を持った人に向けて「生産管理の仕事」「生産管理職に転職する方法」をまとめました。

ご自身の疑問の解決になれば幸いです。アパレル業界に転職するときの情報収集としてもお役立てください。

未経験からアパレルの生産管理に転職するコツ

manufacture-1

生産管理職は服作りの裏方なので一見目立たない職種ですが、服を作るうえでとても重要なポジションです。

未経験から生産管理に転職するコツをポイントを押さえながら説明していきます。

他のアパレル職種からキャリアアップする

生産管理職は、パタンナーからのキャリアアップが多い職種です。

求人にも「パタンナー実務経験必須」と記載のあるものも多く、いかにパタンナー経験者が生産管理で即戦力となるかが伺えます。

パタンナーとは、デザイナーから受け取ったデザイン画を基にパターン(製図)を作成する職業で、服の作りに関する知識と技術に長けています。

そのため、縫製に関して深い知識が必要な生産管理への転職が有利となるのです。

また、生産管理職に関してはアパレル会社からのキャリアアップというよりは、縫製工場や製造工場など現場からのキャリアアップが多いのも特徴です。

製造工場で製造業務を経験してから生産管理に就く

縫製工場では、「縫製仕様書」を使ってメーカーから依頼された洋服を指示通りに作っていきます。

「縫製仕様書」は、縫いあがるまでの全ての工程を独特の記号を使いながら細かく記載した、作り方の説明書のようなものです。

全くの未経験から生産管理にチャレンジするよりも、製造工場で「縫製仕様書」を使う業務を経験しておいた方が即戦力となるでしょう。

とはいえ「製造工程を管理する」という仕事は業種が違っても大枠の業務内容は同じです。例えば、電子機器メーカーで生産管理を経験した人はアパレル業界でも知識・経験を活かすことができます。

業界特有の専門用語などは転職してから覚えればOKです。

このように工場での現場感覚を持ち合わせていると、アパレルの生産管理職でも活かすことができますし、求人企業からの評価も高くなります。

設計などの仕事を経験してから生産管理に就く

ファッション業界において洋服を設計することを「パターン」と言い、紙に製図することを指します。

製図を引くことができる人を「パタンナー」といいます。

パターンを引くには専門の知識や技術が必要となる為、専門学校や洋裁学校に通って習得する必要があります。

パタンナーは、製図を引く際にどういう手順で縫製したら理想の形になるか考えながら製図を引きます。

パタンナーも生産管理も、1枚の布から立体的な洋服になるまでの縫製工程に関して細かいことまで熟知している必要があります。

パタンナーとしての知識や勤務経験は生産管理になったときに大いに役に立ちます。

また、実際にはパタンナーと生産管理が兼務である会社も多く存在していることから、パタンナーの知識が生産管理でどれほど必要かが分かります。

生産管理に転職を目指すなら、まずはパタンナーとして経験を積んでからチャレンジすると良いでしょう。

マネジメントスキル・調整能力を面接でアピール

どの職種でも「多数の部署を絡めたプロジェクトの管理をしたことがある」というマネジメント経験を持っていることは、転職時に強力な強みとなります。

生産管理の仕事は、常に取引先や社内の他部署と一緒に仕事を進めていくため、他部署と連携した経験は忘れず面接時にアピールしましょう。

また、他部署とのスケジュール調整の経験がある場合も同様に強みとなりますので必ず伝えましょう。

どのアパレル職種からであっても、上記の経験があれば生産管理へのキャリアアップへつながる足がかりとなります。

アパレル生産管理に関する資格を取得する

生産管理オペレーション

「生産管理オペレーション」の資格に関して説明していきます。

生産管理オペレーションの資格を取得することで、素材の仕入れから、商品の開発・生産に至るまでの幅広い知識と管理方法を習得することができます。

生産システムの統制・運用業務に従事している人を対象にした資格です。

範囲は、3級だと大きく7つの項目に分かれます。

  • 作業管理・製造管理・設備管理
  • 資材在庫管理・運搬物流管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 納期管理
  • 安全衛生管理
  • 環境管理

以上の項目を学ぶことで、生産システムを実際の運用面で支える基本的な力を付けます。

2級は、3級の基礎知識+チームで業務を行う為の能力を養う内容です。生産管理職に現在従事している中堅~マネージャークラス対象の内容となるため、3級に対して2級は難易度が上がります。

2級は、部下の育成にも役に立つ内容なので自分が生産管理職として更にステージアップした際にはぜひ検討するといいでしょう。

生産管理プランニング

「生産管理プランニング」の資格に関して説明していきます。

生産管理プランニングの資格を取得することで、生産管理システムや生産計画といった生産業務の核となる部分を学ぶことができます。

生産管理のプロとして生産システムの設計・計画業務に従事している人を対象にした資格です。

範囲は、3級だと大きく7つの項目に分かれます。

  • 製品企画・設計管理
  • 生産システム・生産管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 納期管理
  • 安全衛生管理
  • 環境管理

以上の項目を学ぶことで、無駄のない生産計画が立てられる知識を身に付けます。

在庫管理、品質管理、原価管理なども学習することができるので工場の経営に関して深く理解ができるようになります。

2級は、業務で直面する様々な課題を主体的に解決するマネジメントスキルの能力を養います。現在生産管理職に従事している中堅~マネージャー向けの実践的な内容となっており、難易度が上がります。

関連記事: アパレルの仕事内容|未経験で転職する人に必要なスキル・注意点を解説

アパレル生産管理の仕事内容

manufacture-3

アパレル生産管理は、表立った仕事ではなくアパレル業界の縁の下の力持ちのようなポジションです。

では「縁の下の力持ち」とはどのような仕事内容なのか紹介していきます。

商品の販売時期・生産量を予測して納品までを管理する

生産管理は、企画職やMD(マーチャンダイザー)が作成した企画書(服のデザインや納期など)を見ながら仕事を進めて行くことになります。

企画書に書かれている洋服を作り上げるための制作手順を考え、適切な手段を選定して完成まで導く責任ある仕事です。

販売時期や生産量に関して、生産管理は企画書の内容通り実現できるか縫製工場と打ち合わせをします。

生産管理は、過不足なく企画書通りの期日で納品できるように、工場と企画書の板挟みで予想を立てながら生産スケジュールを組んでいくのです。

日本は四季がはっきりしており洋服が店頭に並んでから販売できる期間が短いため、売れるジャストのタイミングで納品出来るかどうかが大きく利益に影響します。

納期に間に合うか間に合わないかは、生産管理の予定を組む腕次第となります。

責任重大な仕事ですね。

アパレル生産管理の具体的な作業内容

manufacture-2

商品の販売計画を立てる

生産管理は商品に過不足が発生しないよう、MDの販売計画を基に更に綿密に販売計画を立てます。

「何を・どこで・どれだけ」生産し販売するかを計画するのです。

最小の在庫で欠品がないという状況が理想的なので、販売需要や顧客ニーズを加味してどの時期にどの量を投入するかが重要となります。

また、これから売り出すものだけに限らず、販売が終了する商品に関してもどのタイミングで販売終了とし、どう在庫数を減らしていくか計画を立てます。

縫製工場を決めてサンプルを発注する

縫製工場には、それぞれ「得意な素材」「得意な縫製技術」というのが存在します。

例えば、素材です。「綿・毛皮・カットソー・デニムなど」素材によって縫製に必要な技術も、ミシンも大きく変わるため何の素材を使って服を作るかによっても依頼する工場は変わります。

縫製も、コートが得意な工場・シャツが得意な工場などアイテムによっても依頼する工場が変わるのです。

デザインを見て、どの工場が一番適しているか選ぶのも生産管理の役目です。

工場が決まったら「サンプル」として、まずは1枚だけ製品を作ってもらうよう依頼します。

出来上がったサンプルを見て、まず縫製手順はこのままで綺麗に仕上がるのか、素材に有った機械調整になっているかなど技術的な点検をします。

技術点検が終わったら、デザイナーや企画にサンプルをチェックして貰い、イメージ通りの製品になっているかを確認してもらいます。

OKが出たら、製品の制作を工場に依頼することになります。

また、このとき出来上がったサンプルは展示会の時にバイヤーにお披露目されたり、モデルが着用して雑誌掲載に使われることとなります。

現場の工場へ商品内容を指示する

アパレル専門用語で、商品内容を工場に指示する資料のことを「縫製指示書」といいます。

縫製指示書には、1枚の布をどのように裁断し、どの順番で縫って、アイロンをかけるのかまで詳細に記載されています。

生産管理が「縫製指示書」を作って工場へ依頼することで初めて、工場は服作りに取り掛かり動き出すのです。

生産管理は、この「縫製指示書」の作成が業務の一つであるため、服の仕組みを熟知している必要があるのです。

スケジュール管理を行う

生産管理の仕事は納期に追われているイメージの方も多いと思いますが、実際に納期厳守の世界です。

製品が予定通り出来上がるかどうかが販売時期に大きく影響し、結果売上を左右することになるため納期にはシビアなのです。

予定通りに納品できるよう工場と情報を頻繁に共有しながら、時には割り込みの急ぎ製造などを依頼し、生産の動きをコントロールします。

納期遅延が発生しないよう、臨機応変にスケジュール管理を行うのも生産管理の重要な仕事です。

アパレルの生産管理に向いている人

manufacture-4

アパレルの生産管理は、納期が遅れるなどのイレギュラーなことが突如起こるため対応力が求められます。

では、具体的にどのような人に生産管理は向いているのでしょうか?

コミュニケーション・折衝能力がある人

MDの理想とする納品時期と縫製工場が納品可能な時期には大抵差があります。

そのため生産管理職は、自社が理想とする納期や販売時期からなるべくずれないよう縫製工場と予定を折衝する能力が必要です。

また、社外の人間と納期や金額などに関して交渉することが多いため、取引先との潤滑な人間関係が要となるシーンが多々あります。

裏方職というイメージがありますが、実際には人との関わりが多い部署なのでコミュニケーション能力の高い人に向いているのです。

トラブルに対して前向きに取り組める人

生産管理は、取引先や他部署と綿密に予定を組みながらに製品を仕上げます。

しかし、予定はあくまで「予定」なので実際には作っていく途中でイレギュラーが必ずと言っていいほど発生します。

縫製工場の機械の不調や海外情勢などによる素材の入荷遅延など、どうにもならないトラブルも起こります。

トラブルの度に盛大にへこんでいては仕事にならないので「この失敗を次に生かそう‼」と前向きに考えることができると良いでしょう。

発生したトラブルを「経験値が上がった!次はもっと早く対応するぞ!」と捉えられる人に向くのです。

物事を計画してから取り組むのが好きな人

生産管理職は、仕事の何を取っても「計画」→「実行」という流れが必要となります。

思い付きや衝動で「実行」していい仕事内容ではありません。

意識していれば「計画」→「実行」はできるようになるものですが、そもそも物事を計画してから取り組むのが好きな方には向く職種です。

旅行なども限られた旅の時間を「計画すること自体が楽しい」そんな人に向いているのです。

まとめ: 未経験者はアパレル業界でキャリアを積む

アパレル業界の生産管理職に転職する方法を紹介しました。

「アパレル業界が未経験の人」で「生産管理職も未経験の人」は転職が厳しい職業ですね。アパレル業界で経験を積むか、他業種で生産管理の経験を積む方が良さそうです。

アパレル業界自体に興味がある人は、まずは転職しやすい職業でアパレル業界に入って、経験と実績を積むのが近道でしょう。

どんな職業が他にあるのか、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事: アパレルの仕事内容|未経験で転職する人に必要なスキル・注意点を解説

関連記事一覧