resume-tn

アパレル業界に転職したい!未経験だからこそ書ける志望動機を教えます

アパレル業界はとても華やかな世界に見えます。

未経験の人は転職は敷居が高い気がして不安になりますよね。

そこで今回は採用の担当者が「是非一緒に仕事がしたい!」と思えるような魅力ある志望動機の作り方・例文を書きました。

志望動機はライバルと差をつける大事なポイントです。

ここで書いたアピール方法を理解して、転職活動を有利に進めて頂けたら幸いです。

未経験からのアパレル転職で好印象な志望動機の特徴

resume1

アパレル未経験の人だからこそ書ける『好印象な志望動機』とは何でしょうか?

結論から言うと「実店舗で商品を着て、接客を受けてみた感想」です。

アパレル業界のどの職種を希望していても、志望動機に応募したブランドの実店舗を訪れた時の感想が書かれているのは好印象です。

では、なぜ実店舗で商品を見て、接客を受けてみた感想が志望動機にあると好印象になるのでしょうか。

大きく理由は二つあります。

理由の一つ目が、自社の商品を実際見てみてどう感じたのか?商品のどの部分に魅力を感じたのかを知ることで、ブランドと応募者の感性の相性を見ることができるからです。

採用条件には販売する能力やPR力も重要ですが、まずは商品に対する感性が合っていることが大変重要なのです。

同じミニ丈のワンピースでも「丈が短くて下品だ」と感じる人もいれば「女の子らしくて可愛い」と感じる方がいます。

ブランドが「良い!おしゃれだ!」と感じている感性と一致していないと、販売員としてお客様に活き活きと商品の良さを説明することは出来ません。

実際お洋服に触れてみて、袖を通してみてどう思ったのか感想を書くことをおすすめします。

理由の二つ目が、接客を受けて、販売員と話してどのように感じたかを知ることができるからです。

ブランドによって接客のスタイルが様々で、あいさつ程度で話しかけてこないブランドや、フレンドリーに服を勧めてくるブランドなど上げだしたらきりがありません。

応募者自身が実際接客を受けて、接客スタイルが心地いいと感じたかどうかはとても重要で、採用者側の知りたいところなのです。

なぜなら、販売員などは採用後に自身も同じスタイルで接客を行っていくことになるからです。

されて苦手な接客スタイルをお客様にし続けるのは現実的に難しいですよね。

接客のどんなポイントをいいと感じたのか、どんなことをされて嬉しいと感じたのかを志望動機に具体的に記載するといいでしょう。

HPや雑誌を見ただけで、「おしゃれなイメージのブランドだから志望した」と書いたのでは、採用者の目には留まりません。

実店舗に行き、しっかりと好印象になるポイントを押さえた志望動機を武器に未経験からでも転職を成功させましょう。

未経験でアパレル転職するときの志望動機の書き方【例文あり】

resume3

未経験の業界にチャレンジするときにはどんな志望動機を書けば採用者に好感を持ってもらえるのか分かりにくいものです。

アパレル界ではどんな志望動機を書けば好感を持ってもらえるか、例を挙げていきます。

その1: 接客のアルバイト経験がある人の場合

接客業をしたことのある経験は、特に販売員を希望する場合に有利になります。

接客をして得た経験や人を喜ばせることが好きだということは、貴重なアピールポイントです。

自身の接客で、どのような部分が評価されていたかも具体的に伝えることができれば尚いいです。

例文

前職では飲食店でホールのアルバイトを経験しました。
接客を通じて人から感謝されることの喜びと、人と関わる事の楽しさを学びました。
飲食店のアルバイトでは、お客様が気持ちよく過ごせるように笑顔で接客することを心がけていました。
上司からは、「お客様の要求によく気づき、素早く対応している」と好評価をいただいております。自身も常にお客様が今何を欲しているのか考えながら接客を行っていました。
お客様が帰り際に「また来るね」と言って笑顔で帰ってくださるのがとても嬉しく、接客にやりがいを感じる瞬間は今でも鮮明に覚えています。
貴社に入社できました際には、接客業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、お客様に楽しくお買い物して頂ける努力は惜しみません。
是非貴社の一員として働きたく、志望いたします。

その2: 大学でアパレル業界に関することを学んでいた場合

大学でアパレルの基本的なこと以外にデザインやパターンなど専門知識を学んでいた場合は、技術系・デザイン系の専門職への転職に有利です。

学生時代に何を学んだのかを詳しく書き得意分野をアピールしましょう。

例文

学生時代は○○学校でパターン技術を学んでおり、紙でもCADでもどちらでも製図を引くことができます。
得意なのは、デザイン画から服の作りを読み取り形に起こすことです。
学生時代はどのような製図を引くとデザイン画通りのシルエットが起こせるか、何度も仮縫いを行いこだわりをもって服作りに取り組んでいました。
貴社に入社できました際には、デザイナーの想像したものを形にするのはもちろんですが、着心地の良さにもこだわって製図を引いてまいります。
技術の向上にも努めてまいりますので、是非貴社の一員として働きたく、志望いたします。

その3: 接客などのアルバイト経験はないが、アパレル業界が好きな人の場合

接客経験がなくても、人とコミュニケーションをとることと、アパレル業界が好きなことをアピールしましょう。

アパレル好きだからこその具体的なエピソードを記載できるといいでしょう。

例文

アパレルに関する専門的な知識や接客の経験はございませんが、アパレル業界が好きで毎月2冊以上の雑誌を読んでいます。
SNSなどファッション系の配信は毎日欠かさずチェックしているので、流行には詳しい自信があります。
友人と一緒に買い物に行った際には服選びを手伝うことも多く、友人からはおしゃれな組み合わせであると好評です。
友人に私が考えたコーディネイトを喜んでもらえる事をとても嬉しく感じます。
貴社に入社できました際には、お客様のお話をよく聞き、お客様の好みの服装と流行を織り交ぜてコーディネイト提案を行っていきます。
アパレルの専門知識を習得する事にも励んでまいりますので、是非貴社の一員として働きたく、志望いたします。

アパレル業界で採用される志望動機のコツ

resume4

アパレル業界は移り変わりの早い世界なので、いかに流行に敏感であるかということは是非志望動機に入れたいところです。

もう一つ大切な要素がコミュニケーション能力です。ポイントを押さえてアピールしましょう。

志望動機は具体的に書くのが基本

なぜ志望するのか、なぜこのブランドなのかを具体的に書きましょう。

数多くあるブランドの中からなぜ選んだのか志望動機に具体的な理由を書くことで、ブランドへ対する情熱が採用者側へ伝わります。

希望しているショップの感想を話す

応募者がお店へ足を運んだ上で応募しているという時点で、お店の印象が良かったのだと採用者は感じ好感を持ちます。

実際に足を運びどんな部分が良かったのか、どんな感想を持ったのかを伝えましょう。

将来どうしたいかを伝える

どの業界でもですが、自社で昇進希望が有ったり正社員になりたいというポジティブな展望を抱いている応募者は魅力的です。

「将来も変わらず販売員がいいです」と伝えるより、経験を次のステップアップに活かせるようなキャリアプランを伝えましょう。

例えば、「販売員で経験を積んで、将来的には店長としてお店の運営に関わりたいと思っています」などです。

実際に、プレスやマーチャンダイザーなどアパレル経験を経てからの方が就きやすい専門職を将来希望している場合には、面接官に伝えておくことが大切です。

人事異動の際に考慮して頂ける場合もあるからです。

やる気と熱意が伝わるにように書く

このブランドで絶対働きたい‼
未経験だけど大好きなこのブランドのために頑張る‼

という熱意が伝わるように書きましょう。

現実のアパレル界は、キラキラと着飾って終わるだけの仕事ではありません。

販売員であれば達成しなくてはいけない販売ノルマもありますし、大量の検品や棚卸など重作業も多いのです。

アパレルでは、棚卸やディスプレイ変更で土日・早朝深夜を問わないような業務も多々あり熱意をもって仕事に取り組むことができる方でなくては務まりません。

採用者は「やる気と熱意」で最終判断します。「絶対働きたい‼」という熱意を伝えましょう。

求人内容に沿ったことを書いているか確認

基本的なことですが、採用側が求めている人物像や求めている条件と違うことを志望動機に記載していては採用されるはずがありません。

「上品な接客と丁寧な言葉での接客」を求めているブランドに「時には敬語を使わず、フレンドリーに接して顧客様を作りたいです」などと書いては、求人内容に全く沿っていません。

求人内容をよく確認し、志望動機をまとめましょう。

多少盛って書くのはOK。嘘はNG

志望動機で嘘を書くのは絶対にNGです。

以前から好きだったブランドへの熱意を「好き」ではなく「大好き」と多少誇張して書くのはOK。

しかし、志望しているブランドの服を1枚所持している事実を「20枚所持している」と記載するのはNGです。

事実とは違うことを書くのは避けてください。

ショップ定員の実名を出してその人を褒める

販売員の接客など、ブランドネーム以外の部分を褒められることは採用側にとって嬉しいことです。

販売員の実名を出すことで、実際に行って自身で接客を受けたのだなという行動力は良い印象となり評価されるはずです。

ただし、お店をうかがう際には、感じよくしておきましょう。

接客してくれた販売員は採用後は職場で先輩となる方なので、印象良くしておくことで円滑に人間関係がスタートできます。

競合ブランドを調べて知識をアピール

競合他社と比べることで、「ブランドコンセプトの違いや特徴の違いを理解している」「事前に調べているな」というアピールになります。

アパレル未経験であっても、アパレルに関する知識を得ようとしている姿勢は採用側に伝わり、熱意があると感じてもらえるはずです。

前職で培ったスキルをアピール

前職で培ったスキルが即戦力として活かせる場合も多いので是非強みとして記載しましょう。

前職が営業職であればコミュニケーションスキルが活かせますし、事務職ならパソコンスキルが顧客分析などで役立ちます。

前職のスキルがアパレル業界では魅力的に映る場合も多くありますので、必ず記載しましょう。

特にパソコン系のスキルとメール対応や話し方などのコミュニケーションスキルは重宝されます。

コミュニケーションスキル

アパレル業界では職種問わず顧客様や取引先とのやり取りが多いので、円滑な人間関係を築くうえでコミュニケーションスキルが必要な場面が多々あります。

前職が営業や接客業である場合には、培ったコミュニケーションスキルが重宝されますので必ず記載しましょう。

販売員であれば毎日顧客様の対応を行うので、丁寧な話し方、メール対応、電話対応などが必要です。

前職で経験があれば強みとなります。

接客技術

コミュニケーションスキルと似ていますが、接客技術はもう少し技術的なスキルです。

「最初に話しかける時にはお客様のパーソナルスペースに入ら無い」

「顧客様の潜在的なニーズを探るための会話の誘導スキル」

接客にも上記のようなコミュニケーション技術があります。

感覚で接客するのではなく、売り上げを作るための意図的な動作や会話の技術を持っていることは強みであり、即戦力になるので転職に大変有利です。

接客技術に関しては、文章にして説明するのが難しい場合もあるので、紙面だけではなく面接時に言葉で説明するとより採用者に伝わりやすいです。

忍耐力

どの職種でも自分の思うとおりに行かない時もあるし、いい結果が出せず大きな壁にぶつかるときもあります。

粘り強く困難を乗り越えていく「忍耐力」は、何かを成し遂げるのには必要なスキルです。

前職で、思うような結果を出せなかった時や失敗したときあなたはどうしましたか?

もし、最後まで投げ出さずやり遂げることができたり、いい結果になるまで諦めず取り組んだのならそれが「忍耐力」です。

是非「やると決めたことは最後までやり遂げる忍耐力を持っています」とアピールしましょう。

前職で困難を乗り越えた時の具体的なエピソードを織り込んで書くと説得力が増します。

まとめ

未経験からアパレル業界に転職するときの志望動機を解説しました。

ここで書いたのはあくまで例文であり、経験者から言えるアドバイスです。

例文やアドバイスを参考に、ご自身の想いや印象に残っている経験を交えた志望動機を書きましょう。

オリジナリティのある志望動機は採用の担当者の印象に残ります。

ぜひ魅力的な経歴書にしてくださいね。

関連記事一覧