vmd-hd

未経験からアパレルのVMDに転職する方法|販売経験は強みになる

未経験からアパレルのVMDに転職する方法

vmd-1

VMDは店舗やブランドの売上を大きく左右する重要な役割を担う職業です。

人気のある職種のため未経験では難しいと思われがちです。どうすれば未経験からアパレルVMDになれるのか、その方法を見ていきましょう。

まずは店舗VMDを目指すのが基本

VMDになりたい場合、まずは店舗VMDを目指すのが基本になります。

VMDには店舗で働く人と本社で働く人がいます。販売員や店舗業務を並行する店舗VMDと違い、本社VMDは商品企画やブランド自体のビジュアルやイメージ作成など、VMDの中でもより深い部分の業務に携わります。

店舗VMDをする人の多くが本社VMDを目指すのですが、本社VMDになるには経験やスキルが求められます。未経験からいきなり本社でのVMDを任せられることはありません。

VMDとして活躍していくにはまず店舗VMDとして経験を積むことが、未経験からVMDになる方法の1つです。

しかし必ずしも店舗から本社のVMDになれるとは限りません。そもそも本社VMDは人気が高い上に枠が少ないです。後々本社で働くことを目指すのであれば、事前に本社VMDとして働く条件などを確認しておくのが良いでしょう。

販売員から経験を積んでVMDになる

求人サイトを見てもらうとわかるのですが、VMDは未経験OKとしている求人がかなり少ないです。

一方、販売員はポテンシャルややる気を見て採用する企業も多く、未経験者歓迎の求人も目立ちます。

未経験者がVMDを目指す場合、販売員として経験を積むことがVMDになる近道でもあります。

企業にもよりますが実際にVMDとして働く人の多くが、元々販売員や店長として働いていた経験があります。

販売員の経験があればお店の雰囲気や売上を伸ばすディスプレイ方法を理解しているため、VMDでも即戦力として活躍できます。

販売員からVMDになるための条件や制度などは、企業やブランドによっても異なります。「実際に働いてから無理だと知った」なんてことがないように、VMDになれるのか事前に確認しておくことをおすすめします。

VMDを目指せる専門学校に通う

服飾やデザイン系の専門学校の多くは、VMDになるための専門知識を学べる授業を行っています。

本格的にVMDとしての道を目指したい方なら、専門学校に通うのがおすすめです。

時間やお金はかかりますが、VDMになれる可能性は格段に上がります。全く知識のない未経験者と学校で専門的な勉強をしてきた未経験者でしたら企業がどちらを採用したいか言わずともわかることですよね。

また専門学校は就職までをサポートしてくれることがほとんどです。求人サイトや転職エージェントでは紹介されていない求人に、巡り合える可能性もあります。

もちろんそれ相応の覚悟は必要ですが、本気でVMDを目指す方なら最善な方法と言えるでしょう。

VMD関連の資格の取得してアピールする

商品装飾展示技能検定

商品装飾展示技能検定は、日本ビジュアルマーチャンダイジング協会が運営する技能検定です。

厚生労働省も認める国家資格に当てはまります。VMDの考え方を学び、店頭のディスプレイや商品のプレゼンテーション技術などを身に着けた人に与えられる資格です。

学科試験と実技試験の2科目があり、実技試験のみ3級、2級、1級の三段階に区分されています。

実技試験は与えられたテーマに沿って、実際に商品プレゼンテーションやビジュアルプレゼンテーションを行います。

国家資格と聞くと難しく思われる方もいると思います。しかし厚生労働省での合格率は公開されていないものの、3級と2級の難易度は易しく1級もそれほど難しくないと言われています。

専門学校に通って学ぶ方も多いですが、しっかり対策を行えば独学でも充分手が届く資格です。

商品装飾展示技能検定の資格を持っていると、VMDのプロフェッショナルとして働けます。未経験の方ならかなり就職が有利になる資格と言っていいでしょう。

VMDのアシスタントになる

未経験からVMDになりたい場合、販売員から始める方法とVMDのアシスタントをしてキャリアアップを目指す方法があります。

未経験者がいきなりVMDになるのは簡単ではありませんが、アシスタントなら未経験者でも採用している企業が多いです。アシスタントの中には店舗VMDと並行しながら働いている方もいます。

アシスタントとして働けば、仕事内容を実践しながら学べるのはもちろん、コーディネートやディスプレイのセンスも磨かれます。

そして何より、努力次第では後々アシスタントを卒業してVMDとして働ける可能性が高いです。

しかし求人数が多い販売員と比べ、VMDアシスタントの求人は多くありません。求人数が少ない分販売員より就職のハードルが高いと言えます。

もしVMDアシスタントを目指すのであれば求人情報の母数を増やす必要があります。非公開の求人も保有している転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでもアパレル専門の転職エージェントが良いでしょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

VMDの具体的な仕事内容

vmd-2

店内の空間やディスプレイ作りなど、お店作りだけがVMDのお仕事と思われがちですが、他にもやることは沢山あります。

VMDは意外と体力のいるお仕事なのです。

ここからは、VMDの具体的な仕事内容を見ていきましょう。

市場調査

VMDのお仕事の中でも重要になるのが『市場調査』です。

アパレル業界においての市場調査とは、わかりやすく言えば常にファッションの流行を理解しておくということです。

ファッションの流行は、毎年、毎シーズンと移り変わります。

市場動向を理解していないと時代遅れなファッションブランドになってしまうのです。

今年はどんなデザインや柄が流行するのか、今年の冬はどんな素材のコートに人気が集まるのか、常にファッションの流れを意識して自社ブランドに取り入れるのもVMDのお仕事になります。

市場調査には自社ブランドの商品認知度や顧客のニーズを調べることも含まれます。

どんな服が売れているのか、どんなニーズがあるのかを知ることで、商品企画に繋げていけるのです。

商品企画

単にディスプレイ作成をするだけでなく、商品企画をした上でそれに合わせた売り場作りをすることが、VDMの流れになります。

例えば、夏前の5~6月頃になると水着の販売を始めるブランドが増えます。夏に向けて購入を考えるお客さんが増えるからですね。

VMDは水着販売に向けて今年のトレンドを抑えた商品の仕入れや売り場作りの企画を行うのです。

極端な例で言うと、水着を売るのに冬を連想させるようなディスプレイではお客さんの購買意欲は沸きません。

今年はどんな水着をメインに販売するのか、どんなイメージやカラーで売り場を作るのかを考えて、実際にディスプレイ作成を始めていきます。

商品企画までを行うからこそ、VMDは市場調査のお仕事も求められます。

ディスプレイやコーディネート以外にも沢山のお仕事に関わっているのです。

売上分析

VMDは売上分析も行います。

そもそもVMDというのは店舗の売上を上げる役割の職業です。

どの商品が売れているのか、特定の商品はどの年齢層に買われているのかなど、ブランドや店舗ごとに分析します。

そして売上データと市場調査の結果を参考に、最適な商品企画やディスプレイ作成を行っていくのです。

VMDは「素敵な売り場だなぁ」という感覚でやっていけるものではありません。もちろんお客さんに楽しんでもらえる売り場作りは大切です。

しかしVMDの軸は売上にあるのです。売上を伸ばしていくには、しっかりと分析したデータの裏付けが必要です。

店舗VMDと本社VMDの違い

vmd-3

VMDには店舗と本社それぞれで働く人がいます。

店舗VMDでの業績やセンスが認められ、本社VMDとして働くことになる人が多いです。

店舗VMDは店舗の売上を上げるのがミッションです。店舗にてディスプレイ作成やマネキンが着用するコーディネートを考えます。マネキンのコーディネート1つで店舗への来店率が変わります。

店舗の売上を担う重要な仕事ですね。

販売員と並行して業務をしている人が多く、たまに本社VMDの仕事があったりします。

本社VMDは、本社オフィスにて商品企画やディスプレイ作成を考えたり、店舗を周ってVMDの指導を行ったりします。色々な店舗へ足を運ぶので、本社勤務の中でも出張の多い職種です。

本社VMDはブランド全体の売上を上げるのがミッションです。

同じVMDでも仕事内容が変わります。売上を上げるという目的は同じですが、店舗とブランドという差があります。

VMDに向いている人

vmd-4

流行やトレンドに敏感な人

「ファッションの流行やトレンドに敏感である」というのはVMDをやる上で必須条件と言ってもいいほど大切なことです。

ファッション業界のトレンドは毎年、毎シーズンごとに大きく変わります。

常に流行の服を売っていかなくては他のブランドから遅れを取ってしまいます。VMDは流行やトレンドに敏感でなくてはいけません。

常にファッションの流行やトレンドにアンテナを張っている人ならVMDのお仕事も楽しめるはずです。

流行のお洋服を自分が作った空間やディスプレイで販売することを考えると、ワクワクした気持ちになりますよね。

服だけでなく、空間、内装、ディスプレイにも興味がある人

アパレル業界で働くなら、服が好きなのはもちろんだと思います。そ

れに加えて店内の空間や内装、ディスプレイにも興味がある人はVMDに向いているでしょう。

VMDのお仕事は商品選定やコーディネートだけではありません。ブランドのコンセプトに合った空間作りや、商品を売るための内装作り、購買意欲が沸くディスプレイ作成などがあります。

元々お部屋のインテリアや空間作りにこだわりがある人も、VMDに向いていると言ってもいいかもしれません。

自分好みにお部屋を作っていくように、お客さんの好みやトレンドに合わせて売り場を作っていくのがVMDのお仕事です。

服だけでなく空間や内装作りが好きな人なら、VMDのお仕事にやりがいを感じられるはずです。

競合ブランドの良さも理解している人

アパレルブランドには販売している服の傾向や価格、お客さんの年齢層などが似ている競合ブランドが必ず存在します。

VMDはブランドのコンセプトやデザイナーの意志を理解していないと務まらないお仕事です。また消費者としての目線も必要になります。

競合ブランドの服やディスプレイを目にしたとき、何も感じないVMDはいません。どんなコンセプトで服や売り場を作ったのかを考えます。

そして競合ブランドの良さを理解することで、自分自身へのお仕事にも活かしていけるのです。

まとめ: 未経験からVMDを目指すならアシスタントか販売員が狙い目

未経験からアパレルのVMDに転職する方法について解説しました。

VMDはアパレル店舗に関する幅広い知識と経験が必要になるため、未経験からいきなり転職する事が難しい職業です。経験とスキルを磨いてから就く職業です。

なのでVMDを目指すのであれば2年〜3年の目線でキャリアを計画して転職することをおすすめします。

解説した通り、『アシスタント』または『販売員』のいずれかのキャリアからスタートすると良いでしょう。アシスタントは求人情報が少ないため、専門の転職エージェントを利用するなどして選択肢を増やす必要があります。

アシスタントにしても販売員にしても、まずはアパレル転職の専門家に相談してみると良いでしょう。

>> アパレル業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

 

関連記事一覧